今年は「日本トラスティ」来年は「日本マスター」


25日のヤマハ(7951)に引き続き、今日は松下電器産業(6752)が、銀行等保有株式取得機構分(+α)の株式売却を発表しました。

「銀行等保有株式取得機構」とは何か? については、今日の「虎年の獅子座」さんのコメントにもあったのですが、詳しい情報は、大和総研のページにありますのでそちらをご覧ください。

ざっくり言ってしまえば、株式が低迷した時期に「銀行等保有株式取得機構」と「日銀による株式の買い取り」で、その当時の買取価格で「6兆円程」を保有しています。

その当時、東証一部の時価総額は「250兆から300兆円の間」を行き来していたので、実に株式の2%程度が買い取られていたことになります。今だと10兆円程度に該当します。その株式分がこれから、市場へ放出されることになります。

昨年後半の株価高騰でリード役を果たした外国人投資家が、昨年買い越しした額は約10兆円でしたので、これを丸ごと飲み込む金額です。

ニュースリリースで分かったのですが、「銀行等保有株式取得機構」の株式の名義は「日本トラスティ」のようです。また、2007年10月以降に放出される「日銀による株式の買い取り」分の株式名義は J_Coffee さんのページから「日本マスター」のようです。

2006年は「日本トラスティ」、2007年後半からは「日本マスター」が大株主に掲載されている銘柄は、売り出しによる需給懸念が今後も出そうです。

とはいえ、東証一部の大型株は大抵該当してしまうでしょうから、避けようと思っても、避ける先が小型株や新興市場株になってしまいます。今後の日本株の上値を抑える大きな壁になりそうです。

 この件について、以前から情報を頂いていた龍さんに感謝致します!

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する