ユーロ高は日本株を救う!?


この所ずっと、右肩上がりのユーロ高傾向であることが、ニュースで報道されています。日本の金利が超低空であることと、ユーロの金利上昇局面による影響が大きいようです。実際にグラフをみて見ましょう。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

20060831_01.jpg

ところで、この話、どこかで聞いたことありませんか? そうなんです、1年前の円とドルとの関係にそっくりです。そして昨年のこの時期あたりから、急速に外国人投資家、特に北米地域からの買い越し額が増加しました。(出典: 東京証券取引所)

(2005年 単位千円)

区分売り買い差引き
北米 38,426,065,98143,882,532,3755,456,466,394
欧州 68,262,749,26571,960,378,3453,697,629,080
アジア 35,939,471,44636,994,727,6841,055,256,238
その他地域 1,514,912,5761,706,061,444191,148,868


ということは、今後欧州地域から、日本株を購入する勢いが加速する可能性もあります。今日の急上昇も、欧州地域からの買いが入ったと考えることもできます。 

さてここからは私の推理です。実際に現場を知らないため、全く勘違いなことを言っているかもしれません。それを念頭に読んで下さい。

どうしてドル高やユーロ高の時に、外国人投資家が日本株を買うのか不思議と思われるかも知れません。しかしながら通常、ファンド等が海外の株式を購入する場合、現地通貨に両替すると同時に、円売りユーロ買い等の為替先物でヘッジをかけるため、為替変動のリスクは抑えてあります。

この場合、もし株式が上昇すれば、株で得るお金と、為替先物の金利差で得るお金とで、ダブルで収入が入ります。ここで重要なのは、ゆっくりとユーロ高が進む所です。ユーロ高方向であれば、為替先物に証拠金を追加する必要がないからです。

さらにもっと効率を上げるのであれば、レバレッジを効かせて、先物買いで勝負に出ることでしょう。最近の先物主導の上昇はその表れではないでしょうか。もちろん「日本株はまだ上昇余地がある」と、欧州の投資家が考えていることが前提ですけれども。

もう少し話を進めると、何らかのきっかけでユーロが急落すると、大量の売りが発生する可能性があります。 為替先物に証拠金を追加するか、ポジションを軽くするか迫られるため、その分に応じた株式を売るためです。この仕組みについては、昨年12月の投資戦略「「金(きん)」で、日経平均が下がった!?」で解説した通りです。

この話が真実に近づいているかどうかを調べるには、8月の「海外投資家地域別株券売買状況」をみると良さそうです。ちょっと先になりますが、9/20日になればある程度が分かるかも…

とここまで書いたものの、欧州投資家が先物を中心に買っていたら、ここに現れない可能性がありますね。「投資部門別 株価指数先物取引状況」も一緒に見る必要がありそうです。

さて先週の投資部門別状況ですが、外国人投資家が再び売り越しに転じました。相場が調子が良い時も、悪い時も、主導しているのは外国人投資家なんですねぇ。まだまだ相場は不安定です。待ってますよ、欧州投資家(笑)!