9月優待銘柄と逆日歩

今日は9月優待銘柄の権利落ち日です。そして逆日歩の結果発表日でもあります。今月は月末最終営業日に土日が絡むため、優待タダ取りを実行するには4日分の逆日歩を覚悟する必要がある要注意の月でした。

各銘柄、どれだけ逆日歩がついたのか興味がありましたので、記録も兼ねて、昨日の終値に対する逆日歩率を、上位から掲載してみます。

コード銘柄市場逆日歩率
5916ハルテック 大証5.29%
9046神戸電鉄  大証4.95%
7494コナカ東証3.69%
8136サンリオ東証3.63%
8246岩田屋福証3.33%
1978アタカ工業 大証3.21%
1978アタカ工業東証3.21%
7412アトム東証2.59%
9010富士急行東証2.57%
9107川崎汽船  大証2.12%
7554幸楽苑東証1.99%
2220亀田製菓東証1.94%
8151東陽テクニカ東証1.92%
7522ワタミ東証1.92%
4837シダックスJQ1.90%
9828元気寿司東証1.83%
9628燦ホールディ大証1.82%
7898ウッドワン東証1.81%
4337ぴあ東証1.79%
4925HABAJQ1.75%
9202ANA東証1.68%
5013ユシロ化学東証1.64%
8742小林洋行東証1.63%
2669カネ美食品JQ1.61%
9405朝日放送  大証1.60%
7007佐世保重工業大証1.24%
9411テレビ東京東証1.05%
2211不二家東証1.00%
9205JAL東証0.95%


第一位のハルテック(5916)は、東証がメインですが信用銘柄で、大証のみ貸借銘柄です。優待銘柄ではないのですが、なんでこんなに高率になるのかよく理解できていません。「大証」扱いが効いているのかも知れません。

第二位の神戸電鉄(9046)は、毎度逆日歩の高い銘柄です。わずか17単位のみの貸株超過ですが、この高率です。やはり大証銘柄です。

第三位、第四位のコナカ(7494)、サンリオ(8136)は、既に新規売り停止銘柄だったのですが、それでも高率でした。

おそらく、今回多くの方が予想外の逆日歩を払うことになったのは、全日本航空(9202)ではないでしょうか。4日分8円(1000株あたり8,000円)の支払いが発生しました。優待券をそのままチケット屋さんに売っても赤字です。

以前に日経マネー誌にても公開したことがあるのですが、権利日前に逆日歩がついた航空優待のタダ取り狙いは相当危険です。今回は全日本航空(9202)が該当し、その通りの結果になりました。

今後しばらく、3月、9月共に月末最終営業日に土日が絡むため、4日分の逆日歩を覚悟する必要があります。今回の傾向を頭にいれつつ、対応したいものですね。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する