ミクシィのIPO抽選が終わってしまえば

どうもここ数日、伝統市場の上昇率に比べ、新興市場がいまいちな展開が続いています。数ヶ月間、同じパターンを何度か繰り返ししているため、今回も特段変わったことではないように思えますが、私はあることが原因なのではないかと思っています。それはミクシィのIPOです。

ミクシィはここ最近の一番の注目IPOでしょう。誰しもが知っている銘柄です。今回のブックビルディングでは、最高155万円の値がついています。

ここまで条件が揃うと、是が非でもIPOを当てたいと思う人が多いのではないでしょうか。ブックビルディングで100万円を超える銘柄はなかなかありません。IPOに当たって「仮に」株価が2倍になれば、155万円の利益です。

7月からIPO抽選ルールが多くの証券会社で変更し、一般の個人投資家が当たりやすくなりました。となれば、現金155万円を確保し、応募しようとする人が増えていても不思議ではありません。

E*Trade のように、応募株数が増えると当たる確率が高くなる場合、更に現金を確保したい人も増えるでしょう。そのためには、新規に現金を追加するか、手持ちの株を売る必要があります。ほとんどの人は株を売って手当てをすることでしょう。特に個人投資家が好む新興市場の株は売り対象になりやすいです。

まあ、ここ数日の新興市場の弱さの全てを、ミクシィのIPOに押し付けるのはちょっと無理があるかも知れませんが、一因にはなっているような気がしています。楽天のXDay(9/4日?)が無事通過し、ミクシィのIPO抽選が終わったら、また相場が戻ってくることを期待しています。