日経平均銘柄入れ替え最終日!

今日は半期のウィンドウドレッシング買い日であると共に、日経平均銘柄入れ替えの最終日でした。まずは2週間前ほどからの株価の推移を見てみましょう。市場の影響を排除するため、日経平均で差分調整してます。

20060929_01.gif

東急不動産(8815)が意外と伸びました。発表段階での日経平均寄与度は 0.27%程でしたが、昨日の段階で 0.28% と僅かですが大きくなっていました。そして前日時点での貸借倍率が1.05
と、採用銘柄には珍しく、売りと買いがほぼ拮抗していました。そういった影響もあったのかも知れません。

20060929_02.gif

売りは見事なまで例年通りの位置に収まりました。毎年こんな感じだと楽なんですけどねぇ。

次に一日チャートです。東急不動産(8815)の伸びと、東映(9605)の下落が目に付きます。日本製粉(2001)は大引けが成立せず、ザラバ引けです。大引け10分前からは、それ以前の株価変動で一喜一憂していたのが馬鹿らしいくらいの空中戦でした。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

東急不動産(8815)
20060929_03.jpg

東宝(9602)
20060929_04.jpg

東映(9605)
<20060929_05.jpg

日本製粉(2001)
20060929_06.jpg

特に東映(9605)については、確か大引け10分前でも700万株程度と、最近の日経平均入れ替えの出来高1,500万株程度に対して全然足りていない状況でした。こういった場合は狙い目になりますね。

最後にVWAPについて見てみます。見事に買い上げ、引き落としが成功したことが分かります。

コード銘柄前日終値終値VWAP前日比上昇率VWAP比
8815東急不動産 1095 11201102 2.28% 1.63%
9602東宝 2390 24002381 0.42% 0.81%
2001日本製粉 497 497501 0.00% -0.80%
9605東映 834 816824 -2.16% -0.97%


最近VWAPを見るようになって、大引け10分程度前までは、インデックス買いや売りの逆方向にVWAPと乖離したら、そこか買いポイント、売りポイントとすると良さそうな気がしています。そして大引け近辺でVWAPに値が戻ったあたりで売ると。今日もそんな動きが見て取れました。サラリーマンにはちょっと出来ないですけど…

日経平均入れ替えが終わると、祭りが終わったような爽快感と寂しさがあります。今日まで段階的にポジションを限界目一杯まで張っていました。今はほぼ0です。また一年後のお祭りを楽しみに、普段のポジションで頑張りましょうかね。