ナイフがたくさん落ちてくる時がチャンス!

以前にご紹介した投資戦略「落ちてくるナイフは計画的につかみ取れ!」に関連しまして、掲示板にていろいろと助言を頂きました SCENEさんから、とっておきのデータを提供して頂きました。ありがとうございます!

そのデータとは、同一日に斉藤方式に合致した銘柄数による利益率についてです。期間は1990年以降で、信用銘柄に限っています。また、下落時の買い増しはしていません。早速みてみましょう。

20060924_01.gif

一番最初に目に付くのは、同時銘柄数に依存することなく、トータルした場合の負けが一切ありません。そして、同時銘柄数が多ければ多いほど、良い成績になっています。

おおよそですが、同時銘柄数が1-5銘柄の場合は4-9%程度の「警戒ゾーン」6-10銘柄の場合は9-12%の「注意ゾーン」11銘柄を超えると11-18%の「安全ゾーン」と徐々に成績が良くなります。とはいえ、同時銘柄数が11を超えるような下落は、年に数回しかありません。

統計上の話ですが、お金に余裕がある人は、毎回でも斉藤方式にチャレンジしてもいいと思います。しかしながらそんなに余裕がない人は、じっと年に何回かのチャンスを待って一気にチャレンジするのが良いと思います。あくまでも「信用銘柄」だけに絞っていますので、お間違いなく。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する