日経平均入れ替え銘柄の今後


今年は例年より日経平均の入れ替え発表から、実際の入れ替え日までが長いです。そのためしばらく、入れ替え日に向けた過去の株価の推移と比較することが出来なかったのですが、ようやくグラフに掲載することができるまでに近づいてきました。それでは早速見てみましょう。

グラフは、2001年秋以降に、合併等を除く採用銘柄と除外銘柄の平均推移を日経平均寄与度(ウエイト)別に掲載しています。唯一昨年のスカパー(4795)だけは特異例として除外しました。

20060916_01.gif

今年の採用銘柄は共に、日経平均寄与度が0.3%未満で、実需の面では厳しいです。採用買い期待による上昇(この場合は株価は元に戻ります)または、銘柄の個別要因で上昇することはあるかも知れませんけれども。

20060916_02.gif

除外銘柄については、日経平均寄与度によってそう違いはありません。今年の除外銘柄は、どちらも貸借銘柄で、松井証券の「無期限信用売建銘柄」にも採用されています。

もちろん今年も同じ傾向を示すとは限りませんので念のため。