昨日も今日も

昨日も今日も、斉藤手法によってスクリーニングされる銘柄は50を超えています。過去の例からは、明確な買いサインではあるのですが、今回については、該当銘柄の時価総額が小粒で、かつ下方修正銘柄に偏っています。単に市況に巻き込まれて下がった銘柄が少ないです。

毎度のことなのですが、斉藤手法では、該当銘柄を買えない理由はいくつでも探し出せてしまうので、喜んで買いに行くのは感情的に難しいです。ドローダウンがとてもきついので、相当慎重になって丁度いいくらいなのかも知れません。

くれぐれも自己責任でご判断お願いしますね!