新指標「斉藤レシオ」

斉藤手法のスクリーニングに引っかかる銘柄が多ければ多いほど、そこから急騰するという現象が、またもや発生しました。私が斉藤手法を知ってから、これで3回連続です。

「騰落レシオ」が売られすぎのサインとして各誌面で取り上げられていますが、私がそれ以上に頼りになると思っているのが、「斉藤レシオ」とも呼んでもいいと思うこの現象です。

つまり、全市場銘柄数のうち「斉藤手法」に該当する銘柄数が、ある一定以上になると「売られすぎ」サインとするのです。過去3回、おおよそ50銘柄を超えると、とたんに急騰し始めます。よって全上場の約4000銘柄中の50銘柄、率にすると、1.25%
がそのラインになりそうです。


斉藤レシオ:
5日移動平均からの乖離率が-10%以上であり、かつ、25日平均移動からの乖離率が -25% 以上に該当する銘柄数を、全市場銘柄数で割った値。1.25%以上の場合は、絶好の買い場とされる。年に数回しか出現しない。

これを発見し、検証されたのは、掲示板で教えて頂いたSCENEさんからですので、発見者の名前をお借りして「SCENEレシオ」として命名してもいいのかも知れません。

昨日、この「斉藤レシオ」によって引き起こされた典型的な現象とも思えることが、ケイヒン(9312)に発生しました。大きな下方修正したわけでもないにもかかわらず、ものすごい下落に見舞われました。

恐らく、相場全体の下落により、損切りルールに抵触し、問答無用の「売り」をしなければならなくなったファンドによるものではないかと思うのですが、事実は分かりません。この推定が正しければ、「価格に関わらず売り切る」ことが予想されますので、絶好の買いチャンスになります。

ケイヒン(9312)は火曜日の終値段階で、斉藤手法に該当する銘柄となりました。更に水曜日も、寄り付き段階での売り板の厚さから、ストップ安も想定されるくらいでした。火曜日からの一日チャートを見てみましょう。超がつく程のバンジージャンプです。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

20061123_01.gif
20061123_02.jpg

水曜日の10時に寄り付いた段階で「富の移転」が行われました。「売らなければならない人から、リスクを背負って買った人へ」とです。この時に私には「カチッ」とスイッチ音が聞こえたように感じました。

この「富の移転」という言葉は、「金持ち父さん、貧乏父さん」の書籍の中にあった言葉ですが、斉藤レシオの「買いサイン」が出現し、急騰するたびにこの「富の移転」を強く感じます。

そういえば、この、ケイヒン(9312)、寄り付きで買っていたら既に17%の利益が出ています。斉藤手法に沿えば「明日の寄り付き売り」なのですが、実はまだ斉藤手法の該当銘柄です。

売りと買いのサインが同じ銘柄に同時に出ているというもの(笑)… どっちに従うのがいいのか… 贅沢な悩みです。でもこんな悩みなら、何度でも経験したいものです。

上総介氏の投資手法を期間限定で初公開!

250万円で始めて2億円を稼ぎだした人気トレーダー上総介氏の投資手法を動画で初公開しています。期間限定の公開となりますので、お早めにご覧ください。
slide1
【2月7日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「15分で約27万円の利益をあげた逆張りトレード手法」
1回目の映像では13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 専業投資家の上総介氏が実践している投資方法の中からデイトレードについて 非常に有効な方法を事例や根拠とともに紹介しています。

【2月11日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「上総介の2%ルールとは?」
2回目の映像では上総介氏がスイングトレードにおける、 損切りやポジションサイジング、また、利益確定の位置などの設定方法を 具体例を用いてお伝えいたします。その他、投資の正しい考え方や、 人間心理の理解についても合わせてお話します。

【2月14日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「利益を最大化する防御の理論」
3回目の映像では上総介氏が自身のトレードの土台としている 「防御の理論」について、その理論や考え方についてお話します。 この防御の理論は13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 上総介氏の成功の秘訣となっていますので必見です!

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 突然失礼します。
    > 斉藤さんの本を画像入りで紹介しているのですが、
    >「Privacy Service」をインストールしている人は、
    > この画像を見ることができません。
    まったく同じ症状で困っているものです。
    その状況下で通常の画像も見れなくなることはありますか?
    具体的には、以下のページのソース124行目にある画像(左メニュー「トラックバック」の下)がコメントアウトになっているのです。
    [投稿者依頼によりURL削除]
    もし同じ症状が確認できた場合、McAfee側に連絡しようと思っています。
    サイト趣旨とは違ったコメントで大変恐縮ではありますが、他に確認する方法も無く、ネットをさまよった結果、このページへたどり着いた次第です。
    ご協力いただければ幸いです。
    ※この質問が不適切であった場合、承認せずそのまま削除してください。

  2. こんにちは kan さん。
    私の設定では、
    「インターネットとネットワークの設定」
    「Webブラウジングの保護」
    「インターネット閲覧中にWebページに表示される広告をブロック」
    をチェックすると、画像が見えなくなります。
    これ自体は「仕様」だと思います。
    # TV録画のCMスキップと同じ機能ですね…
    Amazonの画像は、広告ブロックのチェックを外しても見えない、びっくり仕様です。

  3. ご返信ありがとうございます!
    その後も色々調べた結果、画像が見えなくなる件はクリアできました。
    画像が見えなくなるだけでなく、サイトによってはレイアウトが崩れてしまったりと色々不都合があったのですが、無事正常に表示できるようになりました。
    ありがとうございます。