外国人投資家 久々のドカ買い

先週の投資部門別売買状況ですが、久々に外国人投資家が大幅に買い越ししました。現物、TOPIX先物、日経平均先物あわせて1兆円超です。私は昨年の10月以来、先物も合わせて記録しているのですが、ここまで大幅買い越しは初めてです。外国人投資家も5月の急落を警戒して、様子見していたのでしょうかね。

期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
3月1週-93,105 -386,055 -390,040 -869,200
3月2週-168,590 -176,672 -86,883 -432,145
3月3週42,749 158,438 408,619 609,806
3月4週-151,951 96,260 80,662 24,971
4月1週-90,616 127,416 486,753 523,553
4月2週-215,961 63,569 339,822 187,430
4月3週-77,133 78,511 515,766 517,144
4月4週-1,925 91,440 111,148 200,663
5月1週-46,427 -49,772 -5,535 -101,734
5月2週-818 -16,141 233,496 216,537
5月3週-235,590 -61,423 175,158 -121,855
5月4週-84,087 7,299 342,346 265,559
5月5週186,826 317,229 544,528 1,048,583


売り手は個人投資家です。最近派手に売り越していた信託銀行(日本郵政公社の売りとの噂が)は、おとなしくなりました。いつものグラフです。外国人投資家の買いが、まだ自律反発の域を出ていませんが、今後も継続を期待です。

20070607_01.gif

VWAP取引が流行すると…

昨日、松井証券から、VWAP(出来高加重平均価格)での注文が7月から可能となるとのリリースがありました。当初は日経平均225銘柄のみのようです。売買タイミングを気にせずとも、その日の平均取引価格で売買できてしまうので、「銘柄選択は得意だけれど、トレーディングが苦手」といった人には使い勝手がいいかも知れません。

このVWAP取引は最近重要視されているようで、新聞や雑誌読む限りにおいて、VWAPに沿った細かな取引を自動的に発注するコンピュータを各証券会社は利用しているようです。

このままVWAPが流行してしまうと、TOPIX買いやMSCI買いなどのインデックス売買の大引け上昇がなくなってしまうので、私としては寂しい限りなのですが、その他にも影響がでそうです。

すぐ思い浮かべるのは「その日のトレンドが一方方向に走ってしまう」というものです。VWAPの性質上、まんべんなく「売り」まはは「買い」の注文が出ます。そうするとトレンドが崩れにくくなります。

これで有効となる戦略はIR(イニシャルレンジ)ブレイクでしょうか。最初の1時間の株価推移を観察すれば、その日の株価推移の予想がつきますので、順張り方向に賭ける戦略が機能します。

とはいえ、デイトレーダーや自己売買部門の取引もありますし、上海やムンバイ市場の影響も途中でうけるでしょうから、そう簡単ではないでしょうけれども。

そういえば、この間参加した土屋さんのセミナーでは「順張りがうまくいかないと思ったら火曜日はやめましょう。火曜日は順張りが効きにくいです」とのお話。トレードの効率を上げたいと願うのであれば、曜日も考慮に入れた方がいいのかも。

残りはどこに消えた!?

今日ようやくテイクアンドギヴ・ニーズ(4331)が全株一致約定しました。既存株主の方はようやく肩の荷が下りたことでしょう。少々気になったのが、連日ストップ安で約15万株程度の売り残りがあったのに、今日はその半分の78,185株で全株一致約定したことです。残り半分はどこに消えたのでしょうか。

15万株の売り板を最初から出していたら、どんどん約定価格が下がってしまうことを懸念し、大株主の何名かはザラ場で売る選択を取ったのかもしれません。今日一日で、場外取引も含め36万株程度の出来高があり、株価も伸びなかったことから、その可能性が高い気がします。

個人投資家の大半はデイトレードで手仕舞ったようで、松井証券でのテイクアンドギヴ・ニーズの牛熊指数は52.5%と、ほんの僅かな買い越しです。恐らく他の証券会社も同じような感じでしょう。今日の市場内の出来高344,814株のうち、0.25%
が個人投資家のオーバーナイト分だとしたら、8,620株程度となり、今日の信用増加分とおおよそ一致します(ちょっと計算方法に無理あり(笑))。

となると、また別の疑問が湧いてきます。残りの売り14万株はどこに消えたのでしょうか。「別の機関投資家がリスクを取って引き受けた」以外には考えにくいです。長期投資目的であれば、株価は上昇しやすい環境にあるのですが。

参考までに今日一日の値動きを見ています。アプリックス(3727)が全株一致約定した5/28日の値動きと似ています。寄付き後一瞬値下がりするも、10時頃にピークがやってきます。今後の参考になりそうですね。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)
20070604_01.jpg


アプリックス(3727)
20070604_02.gif


今まで全然気がつかなかったのですが、ネット評議会は3月に解散してしまったのですね。時々データを参考にしていたのに、残念です。

四季報発売前のオール投資

明日はオール投資の発売日です。四季報発売前の先取り版です。私はこの号だけ毎回購入しています。ここで取り上げられるランキングや注目銘柄が、そのまま四季報にも掲載されるわけではありませんが、いくつか面白い銘柄を発見することができるかも。

3期ほど前になるのですが、オール投資での乾汽船(9113)のランキングが高かったので素直に購入したら結構良い思いをしました。その当時はまだ400円あたりでした。もう随分前に売ってしまって、今も持ってタラレバなのですが、こういった銘柄を1個でも発掘できたらめっけものですよね。

便利なメールサービス

本日の日経新聞に記載されていたのですが、株式会社ストライクでは、大量保有報告書をメールで届けてくれるサービスを開始しました。まぐまぐを利用しています。

今まで調べるのが結構面倒だったのですが、メールで分かりやすくお知らせしてくれるのが嬉しいですね。メールになっていれば過去分の検索も楽です。

あとは、適時開示情報について、キーワードマッチング(企業名でない)で合致した内容をメールで知らせてくれるサービスがないですかねぇ。毎日調べるのって結構手間かかるんですよ。

さらに毎晩、イベント投資関連の予定表一覧を自動作成して、自分に対してメールを送るシステムが… 欲しい(笑)。

MSCI買い日結果

昨日のMSCI買い日の結果を見てみましょう。まずは発表日からの推移です。発表日を基準にTOPIXで差分調整しています(発表日以降、TOPIXをどれだけアウトパフォームしたのかのグラフです)。

20070601_01.gif

長期的に見れば、新規採用の買って、除外銘柄を売れば成果が出ました。しかしながら特に除外銘柄は個別に値動きが激しく、どの銘柄を選択したかによって成績が大きく変わりました。

次に、MSCI買い日のみの結果です。採用銘柄と除外銘柄について見てみます。採用銘柄は売られ気味、除外銘柄は買われて、逆噴射となりました。やはり最終日の値動きを捉えるのは難しいですね。

新規採用銘柄:

コード銘柄前日比終値/VWAP
1662石油資源開発 0.70% 0.39%
3116トヨタ紡織 1.67% 0.68%
3231野村不動産ホールディングス -0.22% 0.12%
4817ジュピターテレコム(JCOM) -2.88% -2.07%
5019出光興産 -0.07% 0.55%
8359八十二銀行 0.76% 0.51%
8379広島銀行 1.66% 1.55%
8593三菱UFJリース -0.34% 0.71%
8905イオンモール -1.12% 0.96%


除外銘柄:
コード銘柄前日比終値/VWAP
2873加ト吉 3.81% 0.86%
4521科研製薬 3.77% 1.56%
4835インデックス・ホールディングス 2.24% 1.41%
6436アマノ 2.20% -0.05%
6815ユニデン 4.19% 0.24%
7518ネットワンシステムズ 0.82% -0.10%
7873アーク 0.20% -0.36%
8112東京スタイル 2.06% 0.14%
8597SFCG -0.43% -1.85%


今日の日経新聞の朝刊に「話題を呼んだのがJCOM。大引け直前に大量の売買が成立し、この日の新興三市場の売買代金ランキングで一位になった」と記事がありましたが、そりゃMSCI採用銘柄ですから! と心の中で叫んでいました。

安定していたのは、ウエイト調整の大きい銘柄です。買いウエイトトップのミレアホールディングス(8766)と売りウエイトトップのトヨタ自動車(7203)について一日チャートを見てみます。大引けに大量の出来高があり、動きがあったことが分かります。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

ミレアホールディングス(8766)
20070601_02.gif

トヨタ自動車(7203)
20070601_03.gif

意外な所では、この秋以降、MSCIの採用基準変更に伴って新規に採用されると予告されている銘柄にも少々買いが入ったことです。小野薬品工業(4528)スズキ(7269)について見てみます。もう既に新基準で運用するファンドも存在するようです。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

小野薬品工業(4528)
20070601_04.gif

スズキ(7269)
20070601_05.gif