自己売買部門の先物売り

昨日、1月最初の週の投資部門別売買状況が発表されました。わずか1日半の取引だったのですが、株式について外国人投資家は結構な売り越しです。しかしながら日経平均先物で埋め合わせていまして、合計ではわずかに売り越しです。

期間TOPIX先物225先物株式売買(3市場)全合計
11月2週-270,167 88,694 -62,000 -243,473
11月3週-272,938 22,216 65,158 -185,564
11月4週-333,969 -2,901 57,627 -279,242
11月5週65,034 -98,014 324,525 291,546
12月1週121,755 -207,793 591,842 505,804
12月2週220,811 27,734 524,141 772,687
12月3週208,191 7,579 289,914 505,684
12月4週145,319 45,046 60,691 251,056
12月1週-484 99,361 -114,982 -16,105


この週は、1/5日に大幅に急落したのですが、その日は商品市場が崩れた余波と、日経平均先物の大口の売りが重なった日でした。記録を見ると、先物大口売りの主は「自己売買部門」です。

1月第1週 日経平均先物売買額(単位千円)

自己売買部門 -97,450,268
外国人投資家 99,360,632


これらをどう見るかは、なかなか難しい所ではありますが、都合よく解釈すれば、「外国人投資家は、商品市場が崩れたことにより、利益の乗った現物株を売るものの、日本市場は強いとみて、先物は買った。自己売買部門は、個別株が弱いところに乗じて先物を仕掛け売りした」。

本当の所はわからないのですが、翌週も外国人投資家が買いに動いていないようでしたら、要警戒です。今日までの株価上昇傾向からは、また買い進めている気がします。

そんな裏側で、ここ数日、新興市場が強いですね。最近、どこの本屋さんでも「株式コーナ」が、かなり縮小されているのを見て、「新興も底は近いぞ」と、勝手に良いように解釈しています。

「8年間で30万円を2800万円に増やした 3つの実例を期間限定で公開中!」

slide1 わずか数日から数週間で数十万~数百万を稼ぐことができるイベント投資法。夕凪氏の考え方、具体的な事例を動画で公開しています。

【10月12日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像ではイベント投資という投資手法を実践して、30万円の資金を 2800万円にまで増やした夕凪氏がどのようにして、成功をしたのか秘訣をお伝 えいたします。また、夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から1つ の投資手法を具体的に事例を公開してご紹介します。

【10月16日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像では前回の映像でご紹介したイベント投資法の中から夕凪氏が メインで使っている2つ目の投資法をお伝えいたします。この投資法は「●●● ●」というイベントに注目し、●●●●による株価の変化を利益のポイントにし ています。映像では●●●●の構造から利益をあげるためのノウハウ、そして、 夕凪氏の実例を公開してご紹介します。

【10月19日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「10営業日で150万もの利益を叩きだしたイベント」
3回目の映像では夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から3つ目の 投資法をお伝えいたします。この投資法は日経平均やTOPIXという株価指数の イベント「●●●●●●●●」に注目し、イベントが発生したタイミングを 収益機会にしていきます。 動画では夕凪氏が10営業日で150万もの利益を叩き出した実例を公開します。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。

今すぐ参加する