東京タワーからユーロ紙幣がばら撒かれる?


記録として; 決算発表が期限に間に合わないことで既に監理ポスト入りをしていたIXI(4313)は、1/21日(日)に突然「民事再生手続き」を行ったことを発表し、それと同時に東証が22日(月)からの「整理ポスト」へ指定を行いました。

22日は値幅制限ありの取引で、179,000円でストップ安比例配分(誰が買ったんだろう…)、23日からは値幅制限なしで 82,000円まで切り下げ、24日からは、東証が250円を下限とした気配提示を行うことで、ようやく
2,400円で成立しました。その後、4,900円まで気配値を上げそのまま引けました。

これで誰しもが思い出すのは、あしぎんFG(8352)の株価1円からの株価乱高下と、「名古屋1ドル紙幣ばら撒き事件」ですね。詳しくはウキペディアに記載されていますので、どうぞご覧下さい。

今回は1株単元だったために、あしぎんFGと違って株数自体が少なく、朝一番の約定金額で1億円でした。引けで株価が倍近くになりましたが、まだ1人あたりの儲け額には限界がありそうです。

朝一番で、私も指値参加しましたが、あまりにも低すぎ(490円)て、約定しませんでした。通勤途中、地下鉄に乗る前までチェックしていた段階では、320円位で板がウロウロしていたので、「もしかして買えちゃうかも」とドキドキしていたのですが、そんなに甘くはありませんでした。

これで儲けたら、名古屋に対抗して、東京タワーからユーロ紙幣をばら撒こうかと思ったのですが、それもできずです(もちろん冗談です)。誰かが「こんなに簡単にお金儲けができるなんてつまらない」と言いつつ、ばら撒いてくれたりして…

ご参考まで、あしぎんFGの株価推移を掲載します。最後は価値が0になる運命(IXIも解散価値は0だと思います)。明日から値幅制限も発生しますので、あしぎんFGのような強烈な上下はあまり期待できず…

20070124.gif

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. うにぞう says:

    今回SQはどうなんでしょうか?
    動きがよく分からないので、ひとまず休んでます。
    このままGW明けまで、ぐずつくと総悲観とか。。

  2. こんにちは うにぞうさん
    ここまで相場が荒れると、経験上「あまのじゃく」になった方が良さそうです。
    世の中で「SQが」と騒げば騒ぐほど、しっかり投資家に免疫ができますので、SQによる影響は軽微になる気がします。
    毎度SQ前水曜日の「クレディ・スイスの売り」だけが引っかかりますが。