TOPIX新高値への期待

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願します。

昨年もそうだったのですが、今年も新年早々に松井証券から気合の入ったメールが届きました。確かに手数料が低いことに越したことはないのですが、それよりも個人的には様々な形態の発注機能やモバイル取引の充実にも力を入れて欲しいものです。期待していますよ!

今年は、TOPIXの大きな節目1,750-1,800 あたりを抜けて上昇するかが注目ポイントになりそうです。バブル崩壊以降、2000年のITバブルも含め、幾度も跳ね返されているポイントです。昨年も
1,783.72 で跳ね返されました。(出典: MarketWatch, Inc.)

20070101_01.gif

外国人投資家は、この値を捕らえそうな勢いで買い越ししています。あとは企業収益がそれに見合ったものに追いつけるかどうかです。

20070101_02.gif

新興市場は何か新しいテーマ、個人的には「デジタル放送(テレビ、ラジオ、ワンセグ)を利用した通信」に期待したいところです。