今更ながら和光堂(4520)

以前、12/12日の夕凪通信にも紹介したのですが、アサヒビール(2502)にTOB価格7,900円で90%以上まで所有された和光堂(4520)は、つい最近まで3,800円程度あたりでゆらゆらしていました。

そして2/6日にアサヒビールが和光堂と株式交換で完全子会社化することを発表します。その交換比率は和光堂1株に対して、アサヒビール株2.9株。当日の和光堂の終値は約3,900円。交換比率だと5,548円に相当し、約42%のプレミアムを乗せました。

これで分かったのは、優良企業によるTOBによって、ほぼ子会社化された上場廃止を待つ銘柄については、それなりに配慮された形で吸収される可能性が高いということです。後で少数株主と争うのを避けるためでしょうかね。

ただ問題は吸収される時期が「いつ」なのかです。TOB終了後、後々7,900円によって買取を期待して 6,000円程度で買った人は、結局損していますから。

ちなみに、TOBではないのですが、カネボウについて、日本経済新聞によれば、少数株主の買取価格は、上場廃止時の終値360円を下回る、162円となったとか。くれぐれも銘柄はお間違えなく!

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する