あおぞら銀行、MSCIに採用されず

今朝方発表されたMSCIの四半期入れ替えですが、有力候補であったあおぞら銀行(8304)は採用されませんでした。株安と円安の両方が重なって、採用規定の数値をクリアできなかったようです(MSCIの採用規定の詳細は「MSCIを完全攻略する」をご覧下さい)。

MSCIに四半期で採用されるには、浮動調整後の時価総額で US2,600mil必要です(現在の日本株の場合)。120円換算で3120億円。あおぞら銀行の場合、IPO時の公開株数と、5%刻み切り上げルールから、全株式の40%が浮動株とみなすことができます。昨日の株価457円で算出すると3016億円程度。わずかに届きません。

まあ、それでも5月の年次採用はほぼ間違いがないでしょうから、次の楽しみに取っておきましょう。

また、ある方から頂いた情報では、今まで「産業」の85%時価総額ルールだったのが、「全体」の85%時価総額ルールに変更となるそうで(11月以降に徐々に移行)、時価総額が高かったのにも関わらず、採用されなかった銘柄が、今後採用される可能性があります。これもまた、楽しみですね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する