ダヴィンチ & オリックス

今日は、ダヴィンチ(4314)DAオフィス投資法人(8976)がストップ安でした。 多くの報道にもありますように、証券取引等監視委員会がダヴィンチ・セレクトを行政処分するように勧告したためです。

そういえば、昔、同じようなことが「オリックス・アセットマネジメント」に対しても行われました。その時のオリックス(8591)オリックス不動産投資(8954)について、株価の推移をチェックしてみます。

20070215_01.gif
20070215_02.gif

「行政処分を勧告」した直後で一度底をつけ、約1ヵ月後の実際の行政処分を行う直前に大底をつけました。その時は下落直前の80%程度の株価です。

オリックスとダヴィンチを同列に扱ってよいものか分かりませんが、また同じようなパターンになると考えると、ダヴィンチ(4314)は 117,000円近辺、DAオフィス投資法人(8976)は720,000円近辺が、ひとまずの目安でしょうか。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する