下落率-3%をめぐる攻防

日経平均7,600円台の大底を経験した2003年4月以降、日経平均前日比で-3%以上の下落率を記録したのは過去11回あります。そのいずれもが、翌日は前日比プラスの結果を残しています。最近では、先日3/5日(月)の-3.34%で、翌日は1.22%の上昇でした。過去グラフを見てみましょう。赤色が3/5日(月)の分です。

20070314_01.gif
20070314_02.gif

今日の下落率は前日比 -2.92%で、微妙に届いていません。つい先日2/28日(水)の前日比下落率は -2.85% で、やはり微妙に届かず、翌日は続落の -0.86% でした。明日リバウンドを狙いに行くかどうかは、悩みどころです。

ポイントとして、前日比 -3%の壁が心理的に違いをもたらしているのかも知れませんね。それとも機械的なプログラムにより買いが入っているのか…。

日経平均前日比 -3%を超える下げは、年に3度ほどある恒例行事です。同時に超短期の買いのチャンスを与えているようですね。