逃げ足早い外国人投資家

本日発表された、先週の投資部門別売買状況ですが、外国人投資家の逃げ足も随分と早いことが判明しました(苦笑)。先週と全く逆の、1兆円近いものすごい売り越しです。これを吸収したのは、逆張り精神を発揮する個人投資家です。

外国人投資家の動向:

期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
1月1週-484 99,361 -114,982 -16,105
1月2週-79,779 -77,542 129,384 -27,937
1月3週187,246 -74,223 543,062 656,086
1月4週78,098 -20,069 425,234 483,263
1月5週48,815 215,434 530,009 794,258
2月1週-41,388 -52,052 369,317 275,877
2月2週203,250 221,913 518,955 944,118
2月3週316,542 -6,995 528,740 838,288
2月4週-415,758 -271,506 -264,968 -952,232


2月4週の株式 投資部門別売買:
自己売買部門外国人投資家個人投資家
-344,452-264,967508,664


いつものグラフです(参考:外国人買いは上昇トレンドのサイン?)。まだ上昇トレンドは継続中です。中長期の観点からは、まだいけそうです。しかし、なかなか一本調子になってくれず、常に投資家としての試練を与えられている気がしますね。

20070308_01.gif

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. よもやま says:

    日興が上場廃止になるかどうかわかりませんが、
    廃止となれば当然225から除外されますね。
    そうした場合の新規採用候補は、同じ金融セクター
    のSBIが一番手と思うのですが、
    日興はみなし100円ですので、換算615円に対し、
    SBIがみなし50000円だと47.6円とあまりに
    も差があります。
    こうした場合、他の銘柄が有力となるのか、
    それともSBIを採用しみなしを5000円とかに
    してバランスを取るんでしょうか。
    どう思われますか?もしご意見うかがえれば
    幸甚です。

  2. こんにちは よもやま さん。
    過去の採用傾向を見る限り、極端な「高値額面」ではなければ(オリックスや任天堂は難しい)、あまりみなし額面を気にせずに採用しています。
    従って、SBIが有力であれば、みなし額面そのままに採用されるでしょう。過去、採用時に任意にみなし額面を調整された銘柄はないと思います。
    ただ、日本経済新聞社は、クセがありそうな銘柄は採用したがりません。
    昨年の秋はSBIが最有力だったのに採用されませんでしたし、ノンバンクも採用される気配がありません。
    私のサイトの掲示板でも話題となったのですが、福岡銀行あたりで収める可能性が高い気がします。