意外な外国人投資家の大量買い

本日発表の投資部門別売買状況ですが、意外に外国人投資家の大量買いが入っていました。これで上海ショックから8割程資金が戻ってきた計算です。先週までの結果を見る限り、外国人投資家が日本市場を見捨てているわけではなさそうです。4-5月のヘッジファンドの売りをこなせたら、意外に上昇復活は早いかも知れませんね。

期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
2月3週316,542 -6,995 528,740 838,288
2月4週-415,758 -271,506 -264,968 -952,232
3月1週-93,105 -386,055 -390,040 -869,200
3月2週-168,590 -176,672 -86,883 -432,145
3月3週42,749 158,438 408,619 609,806
3月4週-151,951 96,260 80,662 24,971
4月1週-90,616 127,416 486,753 523,553
4月2週-215,961 63,569 339,822 187,430
4月3週-77,133 78,511 515,766 517,144


売っているのは、個人投資家と信託銀行です。特に最近は信託銀行の売りが目立っています。年金基金からの売りでしょうか…いつ終わってくれるのやら。