東証一部昇格への布石 – 山下医科器械


今日はクリエイトSD(2794)以来の貸借銘柄、山下医科器械(3022)の立会外分売でした。立会外分売発表によって抑圧されていた分が解放されたかのような株価推移で、昨日の終値を割り込みませんでした。(出典: Yahoo
Japan Corporation.)

20070511_01.jpg

こんなに上昇したのはもっと別の理由もあります。それは、今回は単なる立会外分売ではなく、どう見ても東証一部昇格条件を満たすために行われたことが濃厚だったからです。

私がチェックした限りにおいて、山下医科器械は、ひとつの点を除いて全て昇格条件を満たしています。その足りない点とは、株主数です。

山下医科器械が昇格するための必要株主数は2,200名です。最新の四季報では株主数2,206名とあり、既に条件を満たしているように思えるのですが、四季報で掲載されている「株主数」と、東証一部の昇格条件となる「株主数」の意味が違います。

昇格条件での株主数とは、株主のうち大株主上位10名及び特別利害関係者の数並びに上場会社が自己株式を所有している場合の当該上場会社を除きます。従って、東証の言う株主数にはぎりぎり届いていません。この事は東証のサイトに記載してありますし、以前ご紹介したJ-Coffeeさんの本にも書いてあります。

そこでこの株主数の条件を満たすために、立会外分売を行ったのだと思います。最高購入株数を最低単位の100株に限定したのも、株主数を増やすための算段でしょう。この上限100株を見たときに、過去の田中商事(7619)が昇格した時のケースが思い浮かびました。この時も上限が最低単位の100株でした。

もし本当に東証一部昇格を狙った立会外分売であれば、クリエイトSDの時ように、月曜日の引け後以降に昇格が発表される可能性がありますが、さてさてどうでしょうかね。

くれぐれも自己責任の上でご判断お願いします。念のため。