社長の器が試される株主総会

今日はフージャース(8907)ワタミ(7522)の株主総会に参加してきました。それぞれの会社の色が出て、とても面白いですね。雰囲気を一言でいえば、木曜日のサンリオが「アットホーム」、フージャースは「まじめ」、ワタミは「熱心」といった所でしょうか。

フージャースの総会では、幸せな投資家さん、DAIBOUCHOUさんと久々にお逢いしまして、お2人とも質問に立っていました。株主としてのこの真摯さが素晴らしいですね。廣岡哲也社長は回答で少し笑いを取るくらいの余裕があるといいなぁ。真正面から行き過ぎて、ドロドロとした世の中をうまく渡っていけるかがちょっと心配
(余計なお世話ですね(笑))。

ワタミの総会では、渡邉美樹社長の熱心さがひしひし伝わっています。この熱心さを後任者がちゃんと引き継いでいけるのかが、今後の課題でしょうか。しかし、介護事業であんなに利益を出しているとはビックリです。もう居酒屋事業のワタミではありませんね。

株主総会は、6.18日発行の日経ビジネスで、竹田和平さんもコメントしていましたが「あんな大勢でまともな議論なんてできるわけがない」。株主は「質問を通じて社長の器の広さを確認」、会社は「自社のアピール」の場だと思うのです。その点、ワタミの渡邉美樹社長の懐の広さを再確認の日でした。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する