ごく平均的な動き

木曜日ということで、投資家部門別の売買状況の発表がありました。外国人投資家が平均的な買い、信託銀行が平均的な売り、個人投資家も平均的な売り
と、まり突出したものはありませんでした。

外国人投資家の買い:

期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
5月1週-46,427 -49,772 -5,535 -101,734
5月2週-818 -16,141 233,496 216,537
5月3週-235,590 -61,423 175,158 -121,855
5月4週-84,087 7,299 342,346 265,559
5月5週186,826 317,229 544,528 1,048,583
6月1週62,525 -432,132 572,242 202,635
6月2週-67,846 153,589 305,203 390,946
6月3週6,417 22,185 237,265 265,867


ついでに明日は6月最終営業日ということで、ウインドウ・ドレッシング買い日です。過去の投資戦略「JASDAQ平均とドレッシング買い」にもありますように、この第2Qは、高値引けの期待が持てる四半期です。特にJASDAQ平均はその傾向が顕著です。とはいえ、どれを買ったらいいのやら…。