まさか…ね(妄想モード)

アジアの中央銀行のいくつかは、自国の通貨下落を抑えるために、介入を断続的に実行しているようです。以下ロイター記事から。


高金利通貨や株式に幅広い売りが出ており、マレーシアリンギ<MYR=>は5カ月ぶりの安値となる1米ドル=3.4920リンギに下落した。

クアラルンプールのあるトレーダーは、3.4840─3.4920リンギの水準で、マレーシア中銀が国営銀行を通じて米ドル売り介入を行ったもようだと指摘している。同トレーダーはこれについて「下げの進行を抑制するものだろう」と述べた。

フィリピンペソ<PHP=>は1カ月ぶりの安値となる0.8%安の1米ドル=46.25ペソをつけている。トレーダーらは、フィリピン中銀による様々な水準での介入によって、断続的に下落が抑えられていると述べている。

ジャカルタのトレーダーらは、インドネシア中銀が米ドル売り介入を実施したことにより、2006年6月以来の安値となる1米ドル=9405インドネシアルピアの水準でルピア<IDR=>の下落が食い止められたと指摘している。



もしこの信用収縮(資金逃避)の動きが止まらず、どこか1国でも大幅な通貨下落が止められなかったら???

きっと世界銀行が出てきて厳しい条件下での通貨支援。質への逃避が顕著になり、債券のスプレッドが広がりLTCMのようなヘッジファンドが1-2個吹き飛んで終焉を迎える。まるで10年前の再現…ということはないですよね、さすがに。

こういった事態になる確率は極めて低いとは思いますが、ここまで想定シナリオを組んでおけば、多少のニュースにも驚かずに対処できるのではないかと。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する