過去のリターンリバーサルを参考

月曜日のリターンリバーサル(となる予定)に備え、LTCM破綻時とライブドアショック時のリターンリバーサルが参考になるのではないかと、その前後の日経平均の日足を調べてみました。

まずはLTCM破綻時です。今回と一緒で金曜日に急落を演じました。5日目にあたる部分が明日に該当します。

20070819_01.gif

急落日以降にも下ひげがそれなりにありますね。特に火曜日は金曜日の安値さえも割っています。それでも水曜日には前週の金曜日の下げの分は埋めています。

ここでポイントとなりそうなのは月曜日でしょうか。金曜日は週末に何が起こるかわからないここと、短期リバーサルの手仕舞いで下げるような感じです。そして翌月曜には何もなかったことで上昇したのではないかと。

次にライブドアショック時です。この時は水曜日、木曜日と連日の400円の下げの後の金曜日の反発でした。この時にリターンリバーサルはわずか1.5日です。

20070819_02.gif

今度は週末に向けて上昇していますが、これは「単一の事件」だったために、週末不安はほとんどないことが影響したのではないかと思います。そして月曜日更に上昇しました。参考までにJASDAQ平均についても掲載します。

20070819_03.gif

調査サンプル数が少ないのですが「リターンリバーサルはあれど第一陣は短期勝負。もう一度押した後に第二陣の短期チャンスあり」といったことが過去からの教えである。と私は読み取りました。今回も同じになってくれますかどうか。

もう少し過去のリターンリバーサルを調べたいとのことでしたら、Nikkei Netに過去の日経平均下落率トップ20が掲載されていますので、そちらを参考にしてその近辺の日足を調べてみるのが良いかと思います。

また、掲示板で、線香さんが、日経平均先物300円以上ギャップアップスタート時の解析もされていますので、ご参考あれ。

今回の下落率は、日経平均約58年の歴史のうちの第16位です。計算上は4年に1度程度の経験です。第5位の2000年4月は日経平均大規模入れ替えの影響、第8位の2001年9月は9.11テロの影響ですので、近年では久々の平時での下落ですね。