自社株買いが急落相場を下支え?

先週の投資部門別売買状況が発表されました。金曜日の信じられないような急落からの復活の週でしたので、ある程度外国人投資家がバーゲンハンティングしているかと思ったのですが、違いました。

外国人投資家は3市場でわずかに買い越し。東証1部だけに限れば売り越しですので、まったく戻ってきていません(日経平均先物は買い越し)。

で、誰か大幅買い越しをしたかと言えば「事業法人」です。今まで主役に立つことはなかったのですが、この週だけは特別でした。「売り1」に対して「買い3」と一方的な買い越しです。

この「事業法人」は金融機関に属していない一般の会社です。恐らくですが、相当の自社株買いが入ったのではないかと思います。また、ヤマダ電機がベスト電器の大株主になったように、この機会に敵対企業の株を買い入れたのかも。逆にお互いの持ち株比率を高め合ったりした可能性もあります。

急激な下落相場の最後の点を支えるのは、「事業法人」と、ポートフォリオの構成上買いを入れざるを得ない「信託銀行」だったりするのかもしれませんね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する