XP から VISTA へ引っ越し

とうとうデスクトップVISTAパソコンを買いました。

最近、株式データ調査・検証作業がどんどん大量・複雑化してきまして、今まで使っていたXPのノートパソコンでは処理結果が出るまで待たされることが多くなり、そろそろパワーアップする時期かなと。

作業効率化のために、パワフルなマシンとマルチモニタ対応にしました。机の上にモニタを並べると、気分はすっかりデイトレーダー初心者です。(笑)。

解像度の高いモニタやマルチモニタを使って初めて気がついたのですが、HYPER E*Trade は、完全にマルチモニタを意識した作りなのですね。一方でマーケットスピードは1画面で全てまかなえるように設計されています。

左が今まで使っていたXPのノートパソコン。約6年前に購入。真中が今回買ったメインのワイドモニタ。右が10年程前に買った液晶モニタの使い回し。真中と右のモニタがマルチになっていて、HYPER
E*Trade を動作させています。

20070916_01.jpg

ノートパソコンと比べて、Internet Explorer 、メールソフト(Becky!)、ホームページビルダーといったアプリケーションが見違えるようにさくさく動くので、1日かけてすべての環境をデスクトップパソコンに移動しました。VISTAでは動かないアプリが多いのではないかと心配しましたが、今の所は全く問題なしです。

また、今までノートパソコンでのインターネット接続は、無線LAN利用で2.8Mbps程度の通信速度だったのですが、デスクトップパソコンでの無線LAN利用で4.3Mbps程度にアップしました。マシン処理能力がずいぶんと通信速度に影響しているのですね。びっくりです。これでGyaoの大画面再生でも大丈夫です。

しかし、エクセル2007ではずいぶんと操作感が変わってしまいました。便利になったんでしょうけれど、今まで利用していたオプションを探すのに一苦労です。マクロもひとつ動かなくなって、回避策を見つけるまでが大変でした。慣れるまではまだ少し時間がかかりそうです。

Comments

  1. 東京三菱じゃなくて三菱東京

  2. ご指摘どうもありがとうございます!
    修正致しました。
    取り急ぎ、お礼申し上げます。