2007年10月TOPIX買い日結果

今日は9月に東証一部へ上場した銘柄のTOPIX買い日および、1-3月期決算企業のTOPIX浮動株比率(FFW)の定期見直し日でした。

まずは9月に東証一部へ上場した銘柄について結果を見てみましょう。「TOPIXの組み入れ時価総額(表中 時価総額と記載)」が小粒な銘柄が多いです。バンテックGH(9382)だけは、中の小といったあたりでしょうか。

コード銘柄時価総額前日比当日比VWAP比
9382バンテックGH143 1.01% 0.00% 1.59%
5821平河ヒューテック86 -7.93% -6.49% -3.18%
8944ランドビジネス81 5.13% 4.24% 2.24%
2453ジャパンベストレスキュー18 -5.67% -2.92% -1.47%
TOPIX期先0.06% 0.44% 0.56%


時価総額が低い程TOPIX買いが入りにくくなります。つまり、先回りの買いが少しでも増えると厳しい結果が待ち構える事になります。バンテックGHとジャパンベストレスキュー(2453)の引け際の違いを見ると、時価総額による違いが分かって頂けると思います。

また、大幅プラスとなったランドビジネス(8944)は不動産関連として買い進まれたのだと思います。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

バンテックGH:
20071030_01.jpg


ジャパンベストレスキュー:
20071030_02.jpg


今日のメインは、どちらかと言えば定期見直しの方でした。「TOPIXの組み入れ時価総額」が増加したトップ3を見てみましょう。前日比ではいずれもTOPIXをアウトパフォームしていますが、当日の値動きだけでしたら、やや苦戦です。

コード銘柄時価総額前日比当日比VWAP比
7974任天堂5022 1.13% -0.28% -0.18%
7267ホンダ3816 0.96% 0.24% 0.21%
8306三菱UFJ3555 1.83% 1.37% 0.63%
TOPIX期先0.06% 0.44% 0.56%


こういった大きめの調整時は、SQあたりから徐々に動き出す傾向があります。今回もそのパターンが当てはまったのか、別の機会に時系列で追ってみたいと思います。

Comments

  1. いつも参考にさせていただいています。
    こういうのって、過去のどこかと当てはめると
    はまったりするのでしょうが、例えば、5日まで一緒だったものが10日までも一緒になる確率ってどのくらいんなんでしょうか?
    あと、来週からはとう日の一振ですよね?今年はどうなんでしょうか?

  2. こんにちはみかさん。
    コメントありがとうございます。
    大体共通するのは「急落」のパターンです。
    これはみんな同じような戦略を行っているので、
    同じようなタイミングで損切りが発生してしまう
    のではないかと思っています。
    5日まで一緒だったものが10日までも一緒になる確率ですが、どこまでを「一緒」とするか定義の問題もありますが、多分関連性は0に限りなく近くなると思います。急落時も反発までは一緒ですが、そこからはバラバラに動いています。
    来週は上昇確率が高い週ですが、みんなそれを期待していると、逆に下がったりするんですよね。どうなるかは私は予測不可能です。買いポジをやや多めに持つつもりではいますけれど。