DOW LTCM破綻時との比較

1997年のLTCM破綻時と今年のDOWの値動きは、かなり乖離してしまったのでグラフの更新はやめていたのですが、昨日はDOWが -2.64%
を記録し、サブプライム余波の再燃がささやかれてきましたので、更新したグラフをご覧ください。

20071020_01.jpg


途中までは極似していた赤色の線はすでに比較するまでもない所まで行ってしまいました。その代わり、日付を似た所から始めたものは、株価レベルは似ていませんが、なんとなく株価カーブは似ています。

急落は、ブラックマンデーの1987年、そしてLTCMのときもなぜか「月曜日」なのです。日本の毎春の急落も「月曜日」

そう考えると、結構無理矢理の結論ですが、翌週月曜日22日(月)も危ないです。10年前と比較すると、一旦株価を取り戻した後の29日(月)の方が一層危険です。一応、そんなリスクも頭に入れておいた方が良いかと。ただ、前回もそうですが、私の予想はよく外れるのでご注意を(笑)。

お金じゃぶじゃぶは、今のところは資源と新興国に向かっている感じです。日本へはきてくれないのでしょうかね…。

参考までに、今年とブラックマンデー時のDOWのグラフと比較してみます。大人と子供のようなレベル感です。ブラックマンデーは本当に猛烈だったことがよくわかります。株価水準があっという間に65%レベルになりました。

20071020_02.jpg