FRB と ECBによる市場への資金供給量

以前に、FRB と ECB(欧州中央銀行)による市場への資金供給で「金余り現象」を起こさせている事について記載しました。今、どれくらい資金が供給されているのかについて、まとまてあるサイトが見当たらないので、自分で調べてみました。

FRB: 約4兆6000億円

設定日満期日金額($bil)
10月4日10月18日 4
10月11日10月12日 9.5
10月11日10月18日 20
10月11日10月25日 6
合計39.5


ECB: 約80兆円
設定日満期日金額(€ bil)
7月26日11月1日 50
8月24日11月23日 40
8月30日11月29日 50
9月13日12月12日 75
9月27日12月20日 50
10月10日10月17日 218
合計483


情報元:
FRB:
http://www.newyorkfed.org/markets/omo/dmm/temp.cfm
ECB:
http://www.ecb.int/mopo/implement/omo/html/index.en.html

意外や意外? 本場アメリカよりもはるかに欧州の方がお金をじゃぶじゃぶさせているのですね。

前回にも記載したのですが、サブプライム問題がくすぶり続ける限り、金余り現象により株価が上昇、サブプライム問題が解決すると、資金引き揚げによって株価が下落するといった、常識的な考えとは反対の動きになるかもしれません。なんとも皮肉なものですけれど。

サブプライム問題が解決した => これから更に株価が上昇する という考え方は、Y2K問題が解決した => これから更に株価が上昇する
と同じくらい危険な考え方になるかも…。そうじゃないかも知れませんが。

私はY2K問題が解決して、喜んで株式投資に資金を投入し、ものすごい痛い目に遭いました。ははは。

Comments

  1. 月曜日昼休みの日経先物の上げ幅は110円、
    これも結構大きくて、近いほうからそれを上回る窓を探していくと
    2000/4/20に210円です。
    そして火曜日の380円を上回るのは
    1995/7/7の390円まで遡らなければありません。
    二日続けてこんなに上がると、今日の前場引けで買う人増えそうですね(^^)
    佐々木さんのメルマガ面白そうですね。ご紹介ありがとうございます。

  2. 気になったので、95年後半以降で昼休みに100円以上上がった日をピックアップしました。
    1995/7/7
    1995/8/2
    1995/9/8
    1995/10/6
    1995/10/13
    1996/1/5
    1996/5/15
    1997/1/13
    1997/9/24
    1997/10/24
    1997/10/31
    1997/12/17
    1998/6/16
    1998/8/14
    1998/8/28
    2000/4/20
    2006/6/14
    2007/11/22
    2007/11/26
    2007/11/27
    ロクな時期ではありません(笑)
    ショートの買戻し、踏み上げがなければ昼休みにここまでは上がらないということでしょう。

  3. こんにちは COLE さん。
    お調べ頂き、ありがとうございます! 壮観ですね!
    もう底に近いと見るべきなのか、これから底に向かう準備運動をしているのか…。
    本格上昇にはもう少し時間がかかりそうな予感…。