燃料投下!

日本はもうそうでもないのですが、米国と欧州の中央銀行は、サブプライム余波による資金貸し渋りを受け、今だに市場に資金を投入し続けています。住宅価格下落による景気後退もささやかれていますが、それを尻目にダウは再び最高値を更新し、世界的にも株価が上昇しています。日本の株価も節目を越えてきました。

あれ、これ、どこかで見た風景….。そうなんです、1999年後半、Y2K問題による資金ショートに備え、各国の中央銀行が市場に資金を投入していました。Y2K問題による景気後退さえもささやかれていましたが(参考:溜池通信48号)、それを尻目にNASDAQは最高値を更新し続けていました。

相場は繰り返す事から、これから更に株価が上昇しても何ら不思議ではない状況です。サブプライム問題がくすぶり続け、中央銀行が市場に資金を投入し続けている限り、株価の上昇が止まらないかもしれません。

1999年はこれら資金を燃料に、インターネット関連の分野が大きく燃えました。もし同じように今年も燃え上がるとすれば、どこでしょうか? やっぱり中国関連?
海運、非鉄あたり?

もちろん、サブプライム問題再燃による株価下落にも目配りが必要です。しかしながら株価上昇に置き去りにされる危険性も同じくらいあるのではと思っています(この判断が難しいですね…)。

2000年にY2K問題が収束し、中央銀行が市場から資金を吸収を始めると、株価はガラガラと崩壊を始めました。ということは、サブプライム問題が収束し、資金の吸収が始まった時こそ、株価が下落する時なのかも知れませんね。

話題変更して、お知らせがあります。4週間は早いもので、もうエンジュクさんのメルマガに執筆する番がやってきました。今回は「イベント投資に出会い、誕生するまで」について記載してみました。よろしかったら購読してみてくださいね!


こちら右上からどうぞ => http://blog.mag2.com/m/log/0000111350/

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する