引き続きマザーズは外国人投資家がお買い上げ

先週の投資部門別売買状況ですが、マザーズ市場については、前の週と全く同じ構図で、外国人投資家が買い、個人投資家が売る状況でした。金額もそれほど変わりがありません。

ということは、やはり引き続き、個人投資家でマザーズの上昇に乗れたのはかなりの少数派で、大多数は「売り待ちの売り」をしていたのではないかと想像します。

マザーズ上昇の理由として、今日のマーケットウィナーズの番組の中では「ヘッジファンドのマザーズ指数売りの巻き戻し」ではないかとの指摘がありました。時価総額が上位で、下落が激しいものほど上昇したとの解説でした。

この真偽は確かめようがないですが、東証1部などに比較して、新興市場は金額がわずかでも大きく振れるので、ほんの一部の外国人投資家が動くだけでもこのような結果になりえます。

株式3市場全体としては、これもまた先週と変わりなしで、外国人投資家は「たくさん」ではないですが、通常の買い越し額まで戻しています。

郵政公社の民営化によって注目される信託銀行ですが、先週は、その前の週の買い分を売った程度の小規模の売り越しです。もしかしたら、本当に継続的な売りが止まり、今後は反転するかも…
とちょっと期待。