予想外の発表x2

先週の金曜日にあさひ(3333)の東証一部昇格の発表がありました。あさひの決算期は2/20日です。従って8/20日に中間期を迎え、そこから2ヵ月も経過していません。このタイミングでも昇格があり得るのですね。今までありえなかったパターンです。

昇格の予兆としては、立会外分売を10/4日に実施し、少数特定者持株比率を上場株式数の70%以下にしたと思われる事と、10/1日に発表した決算が良好であった事です。

東証二部またはマザーズ銘柄で、東証一部への昇格基準を満たすような立会外分売は、決算月に関わらずマークせよ! ということなんでしょうね。勉強になりました。

そしてもうひとつ、「虎年の獅子座」さんのページを読んでいて気がついたのですが、ソニーFH(8729)が MSCI の Early Inclusion により採用が決まったことです。私にとって、これは超意外でした。

MSCI の採用ルールが記載されている MSCI Standard Methodology Book (May2007) の 50Pageに、Early Inclusion により採用する場合の基準額の記載があります。そこには、浮動株調整後の時価総額として最低
US$ 5,200mil 必要とあります。

今回のソニーFHの売出株数と昨日の終値での株価を掛け合わせても、3,500億円プラス程度ですので、それを全部浮動株とみなしても US$ 5,200mil
には届きません。よって私は11月に行われる四半期見直し時には採用があり得るとは思っていたのですが、まさか Early Inclusion で採用されるとは。

いずれにせよ、10/24日がソニーFHのMSCI買い日となります。こういった単独採用の場合は、先回り買い過剰になりやすい傾向にあります。参加する場合はご用心あれ。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. MSCI銘柄の引けを見ていましたが一部を除いてほとんどが素直な値動きでしたね。引けのセクター的には自動車と電力がとても強く、銀行・証券・保険の金融のほとんどの銘柄が強かった印象です。
    MSCIにて時価総額100%と時価総額50%は認識しているのですが、採用ウエイト上位一覧を見るにはどこチェックすればいいのでしょうか?探してみたけど分かりませんでした。ご教授いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

  2. こんにちは じろう さん。
    感想を投稿頂き、ありがとうございます。
    そうですね、引けは強かったのですが、それまでの株価推移が自分の想像したイメージに届かなくて、私的にはちと残念でした。
    採用ウエイト上位一覧は、証券会社のレポートが頼りです。一般公開されていません。だからこそ、ウエイト上位銘柄は素直に反応するのかも知れませんね。