買い手がいない…

先週の投資部門別売買状況について、外国人投資家の買い控え続き、信託銀行は相変わらず売り続け、主たる買い手が不在の状況です。需給の面からの明るさは見えてきません。最後の頼みはゆうちょ銀行の登場か!?

マザーズ市場だけは相変わらず外国人投資家が買い越していて、「指数の上昇=外国人投資家が買っている」と、ストレートに出ています。

3市場における外国人投資家の買い越し割合のグラフです。かなり危機的な状況が続いています。このまま世界に取り残されてしまうのでしょうか…。

20071103_01.jpg

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 買いコスト・売りコストというのはどういう計算をしているのですか?夕凪さん、よろしければ教えてください!

  2. こんにちは tan さん。
    ずいぶん前に書いたものなので、記憶をたどるのが大変だったのですが(笑)、ご質問の件について、私が計算しているわけではなくて、一般に公表されているものを利用します。
    具体的には、松井証券が毎日メルマガで「評価損益率」を公表しています。これを利用しています。この数値は、東証のデータを参考にしているとの事でした。
    http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_h/hi_hyoukasoneki.html