2007年12月TOPIX買い日結果

今日は今年最後のTOPIX買い日でした。早速結果を見てみましょう。今回は自己消却による売り銘柄が多かったです。「VWAP比=終値/VWAP」です。ヤマトインターナショナル(8127)は、大証の結果です。

コード名称時価総額(億)始値終値前日比当日比VWAP比
4911資生堂-300 2,730 2,690 -2.00% -1.47% -0.40%
7912大日本印刷-236 1,661 1,661 -1.42% 0.00% -0.27%
9747アサツーDK-133 3,150 3,080 -2.22% -2.22% -0.99%
5012東燃ゼネラル-83 1,133 1,116 -2.19% -1.50% -0.48%
7309シマノ-44 4,190 4,160 -0.95% -0.72% -0.19%
6457グローリー-23 2,585 2,535 -1.74% -1.93% -0.04%
7211三菱自動車57 191 191 0.00% 0.00% 0.43%
8127ヤマトインタ73 729 770 7.09% 5.62% 1.94%


VWAP比から、終盤に売り銘柄は売られ、買い銘柄は買われた事が分かります。ただ、ヤマトインターナショナル以外は、かなり地味な結果なので、人によっては飽きてしまうかもしれませんね。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

アサツーDK(9747)
20071227_01.jpg

ヤマトインターナショナルは大証がメインだったため、東証の板の薄い所を突き抜けてくるかと期待していたのですが最後はザラバ引け。東証の買い残しの影響なのか、大証は15:00以降に買い進まれました。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

ヤマトインターナショナル(8127) – 大証
20071227_02.jpg


ヤマトインターナショナル(8127) – 東証
20071227_03.jpg

しかし、ヤマトインターナショナルは時価総額がそれほど多くはなかったにも関わらず、これほど買い進まれたのは少々予想外でした。年末で参加者が少なかったためなのでしょうか?
でもそれならば、資生堂(4911)などはもっと売られてもいいはず…。とりあえず記録として残しておきましょう。

Comments

  1. こんばんは。
    今回はドル崩壊という今までにないシナリオなので、過去のデータは全く当てにならないと思います。

  2. とんぼ says:

    確かに、岡崎さんの視点は面白いものが多いですし、セミナーとか聞いていても楽しいですね。
    ただ、当たるかというと・・・^^。昨年に「ここかが底!」と日本の新興市場向けに設定したフィンデックス100も下がってますし。あまりに傾倒はしないほうがよろしいかと・・・。
    http://www.fisco-am.jp/

  3. こんにちは とんぼ さん。
    全くその通りですね。フィスコに勤めている関係上、ポジショントーク的なところもありえるでしょうし。
    その点、書籍の「米国株式クラッシュ」記載は素直な意見じゃないでしょうか。
    岡崎さんの論理的な考え方を投資戦略として拝借できればと。