NASDAQとマザーズ、22%の共通点

ライブドアショックのピークから、そろそろマザーズ指数が底を打ったのかどうかを確認できればと思い、同じようにITバブルのピークからの米国NASDQA指数とのチャート上の類似点を比較してみました。

20071201_01.jpg

描いてみてびっくりしたのは、NASDAQ指数、マザーズ指数共に、最高値(終値)に対する最安値の割合が22%の所で反発していた事です。わずか0.1%の誤差です。ここで買い出動した外国人投資家は、この値を見てたのでしょうかね??

ちょっと違うのは、ピークからの最安値までの日数です。マザーズ指数が1年ほど早く到達しました。

これをどう見るかですが「サブプライム余波によって最安値に早めに到達したけどもう大丈夫」とも思えますし、「投資家の傷がまだ癒えていないため、もう少し時間が必要」とも思えます。

マザーズ指数がITバブルのNASDAQの下落率と匹敵するなんて、2005-2006年当時はすごい現象が起きていた、ということがよく分かります。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する