バフェット氏は韓国に夢中

Business Week の記事によれば、バフェット氏は韓国に夢中で「世界で最も魅力的な価格水準にある市場だ」と言ったとの事です。サイトはこちら。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071130/142031/

ペトロチャイナは既に売り切って、ポスコをしばらく保有するとのこと。ということは、新日鉄(5401)もまだまだいけそう!?

Business Week 記事のついでに、「2007年アジア急成長企業トップ100」について、第一位が中国で日本ラーメンの展開をしている企業とのことで、なんとも微笑ましいですね。サイトはこちら。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071129/141923/

日本企業では、19位にエン・ジャパン(4849)、41位にマクロミル(3730)、43位にDeNA(2432)、48位に大阪チタニウム(5726) がランクインです。

話題変更して、私、昨日のMSCI買い、FTSE買いから解放された資金を、本日、東証一部昇格適齢期にあるワイエイシイ(6298)にも振り分けて、少々買いました。そうしたら引け後に東証から昇格発表があって見事に大当たり!!

狙っていたとは言え、売った方には大変申し訳ないですが、これはとっても嬉しい! ついています。 相場の神様ありがとう !(まだ株価が上昇すると決まったわけではないですが)

しかし、もっと買っていればよかった…と当たった時はいつも思うんですよねぇ。外れた時は、あまり買ってなくてよかった… となるのです(笑)。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. うにぞう says:

    大局で見ればいわれる通りなのですけど、91年ごろなど大反発を食らって負けてしまったのでした(´д`)

  2. こんにちは うにぞうさん。
    確かに、所々恐ろしいほどの反発がありますね。
    ご指摘ありがとうございます。
    今日みたいなフォロースルーがあると、売り側
    もちょっと苦しくなります。
    これを戦略に落とし込むには、もうひと工夫
    何かが必要ですね。研究せねば…。