東証一部 監理ポスト入り銘柄の値動き

以前にご紹介した投資戦略「監理ポスト、整理ポスト銘柄で勝つ!」にて、粉飾決算や虚偽記載などにより、監理ポスト入りした銘柄の値動きについてご紹介しましたが、少しアップデートしました。

表は、2005年以降に、東証一部で粉飾決算や虚偽記載などにより、監理ポスト入りした銘柄の値動きです。私は大氣社(1979)までは追っていたのですが、それ以降にも該当銘柄があったかも知れません。

また、実質的に「監理ポスト入り」が確定した日をベースにして算出しています。 IHI(7013)の場合は、12/10日終値の株価をベースにしています。 推移は株価そのままダイレクトで、TOPIXなどでの市場の影響の排除はしていません。

20071212_01.jpg


一旦株価は突っ込みますが、そこから徐々に回復する傾向にあります。ファンドの運用方針として「監理ポスト入りしたら問答無用の売り」といったルールもあるでしょうから、個人投資家としてはその場合に発生する「行き過ぎ」を狙いたいものです。

ちなみに、東証2部でもリバウンドする傾向にありますが、マザーズ銘柄はそのまま下落し続ける傾向があります。詳しくは「監理ポスト、整理ポスト銘柄で勝つ!」をご覧ください。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する