我が世の春

任天堂(7974)の四季報コメント見出しが、2008年新春版ではどうなっているのか興味津々だったので、早速調べてみたところ、これがナント「我が世の春」となっていました。表現があまりにも突飛で、思わず笑ってしまいました。

今までは「絶好調」が一番最高の評価だと思ったのですが、その上があったのですね。任天堂以外でこの表現を使っている所はありませんでした。

さて話題変更して先週の投資部門別売買状況ですが、外国人投資家と信託銀行が小幅買い越し。「外国人投資家買う = 株価が上がる」という傾向は変わらずです。ただ、マザーズは随分と外国人投資家が売り越しました。

信託銀行の買い越しについて、先週日曜日ににセミナーでお逢いしました浜口準之助さんから「ゆうちょ銀行による買いはまだのよう」との情報を頂きました。ありがとうございます。

これにゆうちょ銀行が買い手に加われば、底支え効果は期待できそうです。更に外国人投資家が積極参加すれば一気に燃え上がるのですけれど…。サブプライム余波が収まるまでは厳しいか…。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. グラハム says:

    >行使・転換によってTOPIXインデックス売買が発生
    このところをいつか教えてください。m(__)m

  2. こんにちはグラハムさん。
    リクエスト頂き、ありがとうございます!
    ちょっと宣伝を兼ねまして:
    エンジュクさんから発売されたDVDでは説明しています。投資条件に合致するかどうかは総合的に見なければならないので、説明の時間は結構かかります。
    またいつか、別の機会でも説明できたらと思います。