2008年4月のTOPIX買い日

今日は4月のTOPIX買い日でした。TOPIX の浮動株比率と調整係数の見直し、および新規上場、自己株消却と、いろいろと重なったので、結構な銘柄数の調整が入ったと思います。

今回の注目はなんといっても南海電気鉄道(9044)です。大和証券クオンツチームから4月2日のレポートで「買いインパクトが109.11日分」と推定値を公表。その日を境にブレイクアウト狙いの順張り買い投資家をも呼び込んで、みるみるうちに上昇しました。意外と皆様、こまめにレポート見ているのですね。

20080428_01.jpg

これだけ注目されてたら最終日はパスするのがセオリー(私の基準)なのですが、ヘッジファンドがまだおとなしいうちだったら上昇するのではないかと結構期待していました。

もう1銘柄は新生銀行(8303)です。皆が南海電気鉄道に気が奪われて、ほぼノーマークではないかと思えた銘柄です。更に上位の大株主は、そう簡単に売却しそうにはない方々なのですが、その分は浮動株に入っているようで、実質的に浮動株が少ない中で、インデックスファンドはTOPIX買いを進める必要がありました。

まずは南海電気鉄道です。寄り付きから弱く、本当にTOPIX買いくるのかな? と思えるスタートでした。しかし昼前あたりから徐々に盛り返し、その雰囲気が出てきました。

ここでTOPIX買いの上昇にぶつけようと株式を売却するにあたり、はたと悩む人も多かったでしょう。

南海電気鉄道は、大証の方が出来高が多いのです。しかし、TOPIXへの組み入れは東証の終値が基準です。TOPIX買いが、東証にやってくるのか、大証にやってくるのかが分からないのです。

普通なら東証だろうと思うのですが、なにせ板が薄いので、すぐに「特別買い気配」となって、板が動かなくなる可能性があります。そうすると買い手も困るだろうから、大証に仕掛けてくるのか?
と悩ましいところなのです。

さらに悩ましいのは、東証は15:00でクローズしますが、大証は15:10クローズです。15:00で買いは終わるのか? それとも15:10分まで待つべきなのか?
結構ややこしい(その分楽しい)銘柄でありました。

その答えは「東証で15:00」でした。15:00過ぎてから、大証では逃げ場を失った売り手(東証の高値で指し待ちしていた人も含む)によって、下値をどんどん切り下げていきました。

私の口座はE*Trade証券で、優先市場は東証になっています。従って大証での信用売りを入れられず、残念ながら指をくわえて眺めていました。やっぱり複数証券会社で準備しておくのがいいのでしょうかねぇ。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

南海電気鉄道(9044) – 東証
20080428_02.jpg

南海電気鉄道(9044) – 大証
20080428_03.jpg

もう一方の新生銀行は、いきなり前日比7.5%超のギャップアップで寄り付き。銀行株人気+空売りの買い戻し+TOPIX買いVWAPの3重買い。すべての条件が重なった感じです。

さすがに一旦は値を戻しましたが、TOPIX買いVWAPの底上げと銀行株人気に支えられ、反転してからは、じわりじわりと上昇。最後までほぼ順調に推移し、高値引けで終了しました。トレビアン。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

新生銀行(8303)
20080428_04.jpg


今日のTOPIX買いで、TOPIX対象時価総額の変動が大きかったところを掲載します。自己消却分によるTOPIX売りはほとんど目立たなかったですね。南海電気鉄道や新生銀行などを見る限り、大部分はVWAP的に買われたのではないかと思えました。

コード銘柄時価総額(億円)前日比当日比VWAP比
7203トヨタ自動車▲ 5,1420.38%0.00%-0.38%
8766ミレアホールディングス▲ 7231.65%2.37%-0.68%
9437エヌ・ティ・ティ・ドコモ▲ 555-3.82%-2.58%-0.64%
5333日本碍子▲ 2164.01%1.55%1.33%
6645オムロン▲ 168-4.92%-5.13%-0.93%
8332横浜銀行▲ 1264.87%3.43%0.78%
9507四国電力▲ 113-1.33%-1.33%-0.50%
8772アサックス148.47%6.67%4.94%
6678テクノメディカ310.78%0.78%2.34%
5367ニッカトー40-6.88%-5.83%-4.37%
2395新日本科学140-1.29%-1.90%-1.57%
8303新生銀行69813.53%5.59%2.69%
9044南海電気鉄道1,4495.58%6.57%1.45%
(参考)TOPIX先物-1.87%0.55%0.10%



「8年間で30万円を2800万円に増やした 3つの実例を期間限定で公開中!」

slide1 わずか数日から数週間で数十万~数百万を稼ぐことができるイベント投資法。夕凪氏の考え方、具体的な事例を動画で公開しています。

【10月12日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像ではイベント投資という投資手法を実践して、30万円の資金を 2800万円にまで増やした夕凪氏がどのようにして、成功をしたのか秘訣をお伝 えいたします。また、夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から1つ の投資手法を具体的に事例を公開してご紹介します。

【10月16日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像では前回の映像でご紹介したイベント投資法の中から夕凪氏が メインで使っている2つ目の投資法をお伝えいたします。この投資法は「●●● ●」というイベントに注目し、●●●●による株価の変化を利益のポイントにし ています。映像では●●●●の構造から利益をあげるためのノウハウ、そして、 夕凪氏の実例を公開してご紹介します。

【10月19日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「10営業日で150万もの利益を叩きだしたイベント」
3回目の映像では夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から3つ目の 投資法をお伝えいたします。この投資法は日経平均やTOPIXという株価指数の イベント「●●●●●●●●」に注目し、イベントが発生したタイミングを 収益機会にしていきます。 動画では夕凪氏が10営業日で150万もの利益を叩き出した実例を公開します。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。

今すぐ参加する

Comments

  1. 通りすがり says:

    間違っているかもしれませんが・・・
    外国人は依然として強いピッチで日本株を買っているように思える解説ですが、財務省が19日朝に発表した6月2週の「対外及び対内証券売買契約等の状況」によると、対内株式は取得6兆2073億円に対して処分6兆536億円と確かに1537億円の資本流入となっていますが、前週の3414億円の買い越しからはだいぶ減少しているのでは??
    外国人は4月に入り日本株のウェートを戻す動きを続けていましたが、個人的には、そうした日本株を買い戻す動きもだいぶ進み、むしろ、買いのピッチは鈍ってきているとネガティブに読む局面ではないかと・・・

  2. こんにちは 通りすがりさん。
    コメント頂きどうもありがとうございます。
    財務省発表分と東証発表分はカウントの仕方が違うようで、多少誤差が出るみたいですね。
    皆様には、ありのままのデータを見て頂き、アクティブと取るかネガティブと取るのかの材料にして頂ければと。