LTCM救済時とベアースターンズ救済時の比較の続き

ずいぶん前に、LTCM救済時とベアースターンズ救済時のドル円レートと日経平均の推移をグラフにしたことがあるのですが、その続きです。

前回と違って、できるだけ似ている所をピックアップしたのではなく、ドル円レートが急激に動いた箇所(と同時に、日経平均がどちらも安値を記録)を合わせました(これを俗にオーバーフィッティングと言うのですが(笑))。

20080421_01.jpg

20080421_02.jpg


リズム的にはあと6営業日くらいで頂点を迎えることにはなります。いろいろな記事や識者の言葉を聞く限り「米国銀行の決算怪しすぎ…このまま平穏には終わらない」ようですね。またシートベルトを締めますか。