外国人投資家、久々の大型買い

先週の投資部門別売買状況ですが、外国人投資家が久々に大幅買い越し。相場全体が上昇する時には「買い越し」、下落するときには「売り越し」と、ほんとそのままの動きです。

期間TOPIX先物225先物株式(3市場)全合計
2月1週▲ 46,198▲ 109,823▲ 26,858▲ 182,879
2月2週135,13885,335161,824382,297
2月3週▲ 3,788▲ 106,346▲ 94,483▲ 204,617
2月4週▲ 57,97294,802▲ 41,109▲ 4,279
3月1週▲ 201,018▲ 67,807▲ 294,993▲ 563,818
3月2週20,089401,422▲ 922,655▲ 501,143
3月3週12,14686,336▲ 63,92234,560
3月4週79,363123,079▲ 16,706185,736
4月1週16,07010,074396,638422,782


一方で売っていたのは個人投資家で、相変わらずの逆張り投資です。やや意外感があったのは、信託銀行がやや多めに買い越ししていた事です。最近は下落すれば買い、上昇すれば売りと、持ち高を一定にするような売買を繰り返したのですが、先週は同じ方向でした。今後も買ってくれますかどうか…。