似なくなってしまったチャート

以前に似たチャートとして、1998年のLTCM救済時、2001年のITバブル崩壊時との株価比較を掲載していました。しかしながらターニングポイントと思われる所でも今年は踏みとどまり、すっかり似なくなってしまったチャートと化しました。

まあ、それでもどこか参考になるかも知れないと思い、今日までの分を比較してみました。

20080603_01.jpg

大底からの高値は1998年を追い越し、2001年とほぼ一緒の所まで到達しました。今年は強いですね。日本経済新聞にCMEでヘッジファンドが先物売建を増やしているとの掲載がありましたが、こういった解析も含め、期待値的に「下がる」方に賭けているのでしょうかね。

最近、買いイベント側の成功度合が強く出ているので、イベント投資からのサインでは今後も株価は上昇すると示唆しています。これがダマシでないことを期待します(笑)。

Comments

  1. 山口祐介 says:

    おお!おめでとうございます!
    すごいですね!
    この前の飲み会で、あれは本当にリアルマネー勝負だと言うことを聞いて、見方が変わりました。
    もう本屋には出ているのですか?

  2. 山口さん、どうもありがとうございます!
    はい、本屋さんには本日21日から販売されています(実際は1-2日フライング発売されていますが)。
    50万円の資金も、芸人さん2人が100万円用意するのがきついということで、当初予定の半額になったのでした。