順調な外国人投資家の買い

先週木曜日発表の投資部門別売買状況では、買いレベルは低調なものの、相変わらず外国人投資家が順調に買い進めています。金曜日にアメリカ市場が急落しましたが、5月最終週分までの様子を見る限りにおいては、逃げ出す気配は感じられません。

外国人投資家の動向[単位 百万円]

期間TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
4月1週16,07028,866396,638441,574
4月2週15,860▲ 59,6649,210▲ 34,594
4月3週81,040▲ 26,761204,622258,901
4月4週137,214▲ 66,692210,018280,541
5月1週120,093▲ 141,420400,866379,538
5月2週▲ 29,442▲ 57,95250,372▲ 37,022
5月3週120,757103,122423,269647,147
5月4週▲ 62,455▲ 92,19797,041▲ 57,610
5月5週▲ 14,134199,292154,800339,958


20080608_01.jpg


相変わらず個人投資家は逆張りの売り。信託銀行は逆張りを脱して基本的に買い増し姿勢。信託銀行の持続的な買いも期待したいところです。