久々のオール売り越し

先週の投資部門別売買状況ですが、さすがに外国人投資家の買い勢いが止まり、3月上旬以来となる、TOPIX先物、日経平均先物、現物株 オール売り越しでした。買いモメンタムはここで止まってしまうのか…?

期間TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
5月1週120,093▲ 141,420400,866379,538
5月2週▲ 29,442▲ 57,95250,372▲ 37,022
5月3週120,757103,122423,269647,147
5月4週▲ 62,455▲ 92,19797,041▲ 57,610
5月5週▲ 14,134199,292154,800339,958
6月1週▲ 43,785▲ 223,712315,58748,089
6月2週▲ 100,409280,493281,700461,784
6月3週▲ 16,08342,973177,411204,301
6月4週▲ 101,366▲ 42,362▲ 289,213▲ 432,941


一方で買い越ししたのは、信託銀行と、いつも逆張り系の個人投資家です。信託銀行の買い越し分には、企業の自社株買いが混じっている可能性があります。最後の頼みは、その自社買い?
ちと寂しいですけれど。

Comments

  1. やや連続登場です(汗
    アーバンは、6月にBNPパリバを引き受け先とした300億円の転換社債発行がありましたね。んで、その契約内容は、別にスワップ契約が結ばれていて、発行時株価より減額した分だけ、アーバンはBNPに調達したお金を返還しなければならん、というものがあったそうで、実際に最後に残った金額は92億円だったそうですね。BNPは転換をして150億円分を稼いでいますから、元は取ったみたいですが、この契約内容が非公表だったことが問題になりそう、とアサヒコムに書いてありました。
    150億円分をいつ転換したかはよくわかりませんが、相場操縦クラスであることは、確かでしょうな。

  2. こんにちは たな さん。
    この契約だけを公表していなかったいうのはひどいですよね。はたから見れば「株式投資はやっぱり怖い世界だ」と思われてしまいますよね。
    だから、いつまで経っても、堂々と「株式投資をしています」と言えません(笑)。