MSCIの調整は世界株式市場に影響を与えている?

金曜日はMSCI買い日でしたが、これは日本だけに影響する話ではありません。MSCIは全世界を対象にしている指数も持っていますので、日本国内の銘柄調整だけではなく、世界の各国との調整も同時に行います。MSCI World(全世界)MSCI EAFE(北米除く全世界)などがそれに該当します。

今回の調整では、日本は相対的にウエイトが増えました。同じように、スイスとノルウェーもウエイトが増えました。一方で減ったのはドイツとフィンランド、そして米国です。

この結果、MSCI World や MSCI EAFE に沿ったインデックスファンドやETFなどは、ドイツとフィンランドと米国で株式を売り、日本とスイスとノルウェーの株式購入する世界的な資金移動が発生します。

今回、その影響が株式市場にあったのか、前回の5月に引き続き見てみる事にしましょう。

増加組

各国指数前日比MSCI Standard指数
(ローカル通貨)前日比
スイス 0.67% 0.47%
ノルウェー 0.49% -0.02%
日本(TOPIX) 2.88% 3.78%
増加組平均1.35%1.41%


減少組
各国指数前日比MSCI Standard指数
(ローカル通貨)前日比
ドイツ 0.03% 0.14%
フィンランド -0.67% -1.02%
米国(S&P500) -1.37% -1.35%
減少組平均-0.67%-0.74%


サンプル数が少なすぎますので断定はできませんが、ドイツ v.s. スイス、ノルウェー v.s. フィンランド あたりを比べると、影響があった感じがしますね。これは前回の5月も同じような傾向でした。2,5,8,11月末の営業日は、そういった動きの影響もあるかもということで。