勢いづく投資信託、息切れ気味の個人投資家

日経平均が 7,649.08円 から 8,576.98円 まで12%強上昇した先週の投資部門別売買状況ですが、外国人投資家は相変わらず売り越し。これを吸収したのは個人投資家…
ではなく、信託銀行でした。個人投資家は現金買い分と信用売り分でトータルちょい買い越し。少々息切れ気味です。

10月5週 投資部門別売買状況(単位百万円)

TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己144,972▲ 159,718▲ 180,902▲ 195,649
外国人▲ 206,418136,059▲ 422,036▲ 492,395
個人393▲ 31,06173,82943,161
信託銀行72,55952,725404,092529,376


ここ最近「個人投資家」だけが活躍したようなイメージを受けますが、実際には信託銀行が一番買い越ししています。市場が大荒れとなった10月第2週から先週一杯まで4週分の投資部門別売買状況です。

10月2~5週 投資部門別売買状況(単位百万円
TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己257,627989,475▲ 1,706,030▲ 458,928
外国人▲ 528,146▲ 698,543▲ 696,191▲ 1,922,880
個人▲ 971▲ 74,117879,193804,106
信託銀行333,674▲ 84,2141,105,3831,354,843


信託銀行による真の買い手は、信託扱いの自社株買いと年金系のリバランスと考えられます。ということは、これから更に株価を上昇される推進力としては少々物足りない感じです。まだ買い余力が残っているうちに、外国人投資家の売りが止まってくれれば….。


しかし、個人投資家の特性って面白いですね。がっつりと買い越しするときには、大天井圏(ライブドアショック前-信用買い中心)か、超大底圏(今-現金買い中心)なんですね。サインとして利用できるかも知れません。(※もちろん今が超大底圏かどうかはまだ決まっていませんが)。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する