システムトレードとランダムウォーク

昨日(11/29)に、秋山昇さんのセミナーに参加してきました。数学に精通しているためでしょうね、セミナー資料そのもののページ数は少ないのですが、理路整然とポイントを無駄なくコンパクトにまとめられていて、本一冊分以上の内容があると感じました。

鞘の原因、ヘッジの性質、鞘を利用した具体的な売買方法、輸入価格のベースとなる料金を参照する場所、経験値を加味した輸入価格の計算方法、輸入価格を基にした戦略… と、ほんと短い時間でしたが、商品先物の知識が全くといっていいほどなかった私にも「なぜそのような値動きとなるのか」の一通りの知識が入り、試してみようかなという気になりました。

システムトレードに役立ちそうな話として感心したのは、ランダムウォークについてです。システムトレーダの最大の悩みの1つでもある「将来も優位性の残る取引なのか?」、つまり「カーブフィッティングになっていないか?」に対するひとつの回答を教えて頂きました。

 「実際の相場はランダムウォークに極めて近い」「開発したシステムが、本来エッジ(優位性)がないはずのランダムウォークのデータを利用した場合でもパラメータ調整で簡単に儲かってしまうようであれば、カーブフィッティングの可能性が高い」

知っている人には「何を今さら」なんでしょうけれど、私にとってはなるほどと唸ってしまいました。

以前に何かの書籍で「本当に完全なランダムの数値のかたまりを、お金を出しても買いたい人がいる」と読んだことがあるのですが、そういう事だったのかと合点がいきました。過去のデータから出来上がったシステムトレードが、本当にエッジ(優位性)があるものなのかどうかを確かめるのに利用できますね(セミナーでは、エクセルの乱数を使った検証方法の紹介がありました)。

また、よく書籍でみかける「一日の平均資金移動率を2%以内に抑えよ」というのは、ランダムウォークの性質「ある時間における変動率は、その時間の長さの平方根に比例する」と目標利益率の観点からも合点がいきますね。

ランダムウォークに関する記載は「セミナー補足資料」A4の4枚の別紙に書かれていただけなのですが、これを知っただけでも、私は参加した甲斐がありました。

しかし、セミナーはビデオ撮りしていませんでしたので、本当にDVDで発売しないのですね。頂いた資料はプレミアものです。

商売の観点からすればエンジュクさんとして苦しいと思うのですが、よくぞ開催して頂きました。感謝致します! スタッフの皆様もお疲れ様でした! もちろん、ノウハウを惜しみなく公開して頂きた秋山さんにも感謝です!

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する