2009年7月のTOPIX買い日

今日は7月分のTOPIX買い日でした。今月はTOPIX浮動株比率の定期見直し分の銘柄がメインとなりました。結果からいえば大引けは見事に逆噴射で終了(涙)。

ただ、時価総額の現象銘柄は3日前あたりから株価が下落しているので、需要の先食いがあったようです。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

コード銘柄時価総額(億)前日比当日比VWAP比
5002昭和シエル石油196-1.64% -1.73% -0.97%
4704トレンドマイクロ▲ 457-1.53% -0.62% 0.65%
5201旭硝子▲ 4710.13% 0.25% 0.19%
5108ブリヂストン▲ 659-1.17% -0.19% 0.46%
4519中外製薬▲ 991-0.73% 0.06% 1.49%
(参考)TOPIX先物0.91% 0.37% 0.71%


中外製薬(4519)
20090730_02.jpg

目を疑うほどの外国人投資家の買い越し

先週の投資部門別売買状況ですが、「え?」っというくらいの額を外国人投資家が買い越し。TOPIX先物を1,000億以上買い越したのは昨年の8月以来です。もしかして外国人投資家は民主党期待?
それに対して売りを供給したのは逆張りを得意としている個人投資家です。

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己▲ 116,306▲ 36,66088,248▲ 64,718
外国人156,456108,828352,623617,907
個人124▲ 44,451▲ 413,977▲ 458,304
信託銀行▲ 42,053▲ 3,07951,6896,556


久々にいつものグラフです([外国人投資家買い越し額]/[東証一部時総額] の推移)。これからもガンガン買い越せば、2003年から続いている外国人投資家買い越し割合の下降トレンドも脱出。

20090730_01.jpg


「過去の似たグラフ」からのアノマリー的には今後あまり上昇せずを示唆。しなしながら外国人投資家の動向からは、今後も上昇の可能性を示唆しています。うーん、どっちにつこうかな。やっぱり外国人投資家かなぁ(節操のない私)。

GSユアサのTOPIX買い日

今日はGSユアサ(6674)のTOPIX買い日でした。今回の増資による浮動株考慮後の時価総額があまり大きくなかったことと、途中信用売り禁止であったため、十分に値段が下がらなかったこともあり、今一歩でしたね。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

20090728_02.jpg

コード銘柄時価総額前日比当日比VWAP比
6674ジーエス・ユアサコーポ231 -0.36% 0.24% -0.78%
(参考)TOPIX先物0.32% -0.16% 0.27%

まさか冷夏まで似てしまうの?

似たチャートとしてご紹介しています1993年には、政権交代、株価の底打ち、そして記録的な冷夏によるコメ不足がありました。まだ7月末の段階ですが、まさか冷夏にならないよねぇ?
といった天候が続いています。

Wikipedia の平成5年8月豪雨の項を見てみると、なんとなく今年も似ているような。台風が来ていないだけましでしょうか。

モーニングスターによれば、冷夏で恩恵を受けるのはガス系の会社と即席めん。コメ価が上がれば米卸。反対なのは月間マガジンマネットによれば、家電や小売業界、飲料業界、アルミとのこと。

宝くじ感覚で、今から仕込みます!?

20090728_01.jpg

公募で個人投資家が売り越し?

先週の投資部門別売買状況ですが、上昇相場にスイッチして逆張り派の個人投資家が売り越して、外国人投資家が買い越しのいつものリズムです。

 TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己39,334124,538▲ 78,55385,318
外国人▲ 10,398▲ 26,362116,64679,886
個人▲ 156▲ 56,567▲ 40,891▲ 97,615
信託銀行▲ 46,422▲ 846▲ 13,977▲ 61,245


反発が弱かった割には個人投資家の売りが多かった印象があり、原因を推測するに、ANA、オリックス、みずほFGという超大型の公募株の受け渡し前であったため、”つなぎ売り"や"信用売り+公募当選株の現渡し"を狙った個人投資家の売りが多かったためではないでしょうか。

みずほFGなど4銘柄のFTSE買い日

本日は4銘柄一気のFTSE買い日でした。みずほFG(8411)はMSCI買い日も重なっていました。正直、全体相場の盛り上がりに比べて上昇率が今一歩でしたが、値崩れ安心分の保険料みたいなものと考えたら、まあ許せる範囲ということで。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

大和証券(8601)
20090724_01.gif

ANA(9202)
20090724_02.gif

オリックス(8591)
20090724_03.gif


みずほFG(8411)
20090724_04.gif

コード銘柄前日比当日比VWAP比
8601大和証券G本社 1.52% -0.37% -0.04%
9202全日本空輸 -0.37% -0.75% 0.30%
8591オリックス 2.44% -0.34% -0.12%
8411みずほフィナンシャルG -0.48% 0.97% 1.15%
(参考)TOPIX先物 1.38% 0.00% 0.31%


あとはGSユアサ(6674)のみとなりましたが、売り禁銘柄の値動き予想は難易度が上がります。

みずほFGのTOPIX買い日

今日はみずほFG(8441)のTOPIX買い日でした。終わってみれば最後に跳ねて高値引け。明日も2つのインデックス買い日が重なり、どうなるのかちょっとドキドキ。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

20090723_01.jpg

コード銘柄時価総額(億)前日比当日比VWAP比
8411みずほフィナンシャルG4554 2.96% 1.95% 1.15%
(参考)TOPIX先物0.00% 0.28% -0.11%


ANAとオリックスのMSCI買い日結果

本日はANA(9202)オリックス(8591)のMSCI買い日でした(多分)。増資株の売却可能日でもあるため、大抵は軟調な動きになるのですが、昨日の値動きとすり替わったような展開で、ほぼ高値引け。みんなノーマークだったのでしょうね。本当に株価の行方は「天邪鬼(あまのじゃく)」です。(出典:
Yahoo Japan Corporation.)

ANA(9202)
20090722_03.jpg


オリックス(8591)
20090722_04.jpg


コード銘柄前日比当日比VWAP比
9202全日本空輸 1.51% 1.51% 1.35%
8591オリックス 5.57% 3.64% 2.26%
(参考)TOPIX先物 0.83% 0.66% 0.55%


ANAとオリックスのTOPIX買い日結果

昨日(7/21)日はANA(9202)オリックス(8591)のTOPIX買い日でした。早速結果を見てみましょう。(出典: Yahoo Japan Corporation.)

ANA(9202)
20090722_01.jpg
オリックス(8591)
20090722_02.jpg

連戦連勝させてもらえる程は、甘くはないようです。航空業界は機関投資家の組み入れが低いのでしょうかね。ANAは増資発表後に一直線に売られ、TOPIX買い日も盛り上がらずでした。

ITバブル崩壊時と1993年政権交代時との似たチャート

似たチャートの続きです。同じパターンになったら、あんまり上がりそうにないですねぇ。秋口は要注意でしょうか(毎年のことではありますが)。

20090719_01.jpg


20090719_02.jpg