信託銀行ひとり買い

年末年始を挟んだため、本日発表になった12月22日の週の投資部門別売買状況ですが、最近お決まりのパターンとなりつつある「信託銀行ひとり買い」です。外国人投資家も個人投資家も売り越し。

TOPIX先物225先物(L+M)株式(3市場)全合計
自己▲ 27,76738,02955,31965,581
外国人24,923▲ 39,656▲ 136,885▲ 151,618
個人▲ 38▲ 17,904▲ 42,644▲ 60,586
信託銀行74,685▲ 7488,764163,375


ちょっといつもと違ったのは、投資信託が多めに買い越しをしていました。メインプレイヤーまではいかないものの、出来高が薄い中での買いは相場を押し上げた可能性があります。

そういえば、12月25日、26日と国内株式型投信の設定が相次いだため、その分の買い越しなんでしょうね。ちょうどここから日経平均株価の連騰が始まりました。