青色申告は不利?

確定申告が気になる季節のようで、本日の日経ヴェリタスにも「会社勤めでもできる節税術」という特集が組まれています。その副題に『「青色申告」がポイント』とあり、青色申告のススメが記載されています。

ところが最近読んだ書籍には「青色申告はやめておこう! 個人事業者にはメリットなし」と書いてあるのです。青色申告は記帳が大変で、それに見合うだけのメリットを享受できないというのがその理由です。著者は元国税調査官の方です。

青色申告で節税しなくても、書籍にある通り、個人事業者は「交際費」「特例による30万円までのものは全額経費に計上可能(上限300万)-H22年3月まで」「旅費交通費」「福利厚生費(個人事業者一人でも利用可能)」「経営セーフティ共済」などを駆使すれば十分に節税できてしまうということなんでしょうね。

これを応用して、FXやCFDの利益を事業所得(サラリーマン副業でも事業所得として認められるには継続性をクリアする必要あり)とするようにすれば、多少の利益が出ても無税金ゾーンへ持ち込むことが可能でしょうね。

この元国税調査官の方の9割安くなるシリーズ3冊を取り寄せて全部読みましたが、個人事業者・フリーランサーの方は「個人事業者・フリーランサー独立開業者のための超節税術」の一冊で十分です。

サラリーマン副業で事業所得とする場合はほぼ同じ節税技が使えるでしょうが、雑費計上とする場合、どこまで使えるかハッキリと分かりません。しかしながら経費に対する考え方は参考になります。

中小企業の場合は「税金は「裏ワザ」で9割安くなる」「税金を9割安くする決算期直前の裏ワザ」を併せて読めばOKです。

以前、企業は決算期をずらす事で節税可能と聞いたことがあったのですが、その理由がこの本を読んで分かりました。非常勤役員を使うワザも新鮮な驚きです。しかし、書籍にある節税を駆使すれば、中小企業は税金を納めなくて済むかもしれませんね。

書籍の価格は1,500円ですが、黒字による税金対策にお悩みの方にはそれ以上の効果がありますよ! (なんか最近書籍の紹介ばかり(笑))。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【9月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【9月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【9月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する